ウクレレ

ウクレレは、ギターによく似た小型の弦楽器で、通常はハワイアン音楽に使用されることが多いです。基本的には4弦のナイロン弦仕様で、ギターに比べ小ぶりなので抱えやすく、ネックもスリムなのでどなたでも弾きやすい楽器です。また、コードも簡単に押さえることができ、簡単に演奏を楽しむことができます。

ウクレレの種類 CATEGORIES

ウクレレには大きくわけて4種類のサイズがあり、小さいものから順に、ソプラノ、コンサート、テナー、バリトンとなっています。このほかにロングネックなどもありますが、一般的なサイズはこの4種類です。
サイズよって音色、音量感、演奏性の違いを楽しむことができます。

ソプラノ

ウクレレの中でも最もポピュラーであり、一番小さなサイズです。
ソプラノサイズはボディが小さい分音量感は劣りますが、これぞウクレレといった音色はこのソプラノサイズかと思います。また多くの方がウクレレというとこのサイズをイメージされると思います。
抱えやすく初心者の方におすすめです。

コンサート

コンサートサイズはソプラノサイズを一回り大きくしたサイズです。
ソプラノの繊細さに深みのある低音が加わった音色が特徴です。
ソプラノより約3~4cmほど弦長が長いため男性の方やソロウクレレを演奏されたい方にはこちらのサイズがおすすめです。
ソロウクレレが一般的になると共に人気が高くなり、最近ではコンサートサイズからウクレレを始めるという初心者の方も増えています。

テナー

コンサートよりも大きなサイズです。
音量感と低音感が強い迫力のある音色に加え、弦長も長いため、ハイフレットでの演奏性の高さから、ソロウクレレをメインに弾かれる方はテナーサイズを持たれている方が多いです。

バリトン

ウクレレの中で最も大きなサイズです。
太い低音の音色が特徴で、主にアンサンブルで使用されることが多いウクレレです。チューニングも他のウクレレと違いギターと同じ「EADG」となるので、ウクレレというより小さなギターというイメージです。

ロングネック

各サイズの通常のネックよりも長いネックを取り付けたモデルをロングネックと呼びます。主にソプラノサイズやコンサートサイズに用いられ、フレット間隔が広くなることでボディサイズを変えることなく弾きやすさを向上させ、音域も広がります。
音色を変えたないで演奏性を高めたい方におすすめです。

ウクレレについて ABOUT

ウクレレの歴史

ウクレレの歴史は古く、100年以上の歴史があり元々はポルトガルより移民によって持ち込まれたブラキーニャという楽器が起源とされていて、そのブラキーニャがハワイで独自に改良を重ねられて現在のような形になったとされています。

ハワイの楽器!?ウクレレ

ウクレレというとハワイの楽器というイメージが強いですが、実はハワイの次にウクレレ人口が多いのは日本といわれるほど、日本には馴染みのある楽器なのです。
また最近では、初心者向けの教則本やハワイアンだけでなく、ポップス、ロック、ボサノバなどさまざまなジャンルの楽譜も数多く出版され、ウクレレの楽しみ方がどんどん広がっています。