明治

1892

山野楽器店の前身であるピアノ/オルガン製造の松本楽器創立

1904

銀座4丁目(現在の銀座本店)に販売部を設置

1909

山野政太郎、松本楽器合資会社 代表社員に就任

1912

発行人 山野政太郎により『月刊 楽譜』創刊
※現在の『音楽の友』につながる

大正

1915

松本楽器合資会社より事業継承し、合資会社山野楽器店を設立

山野政太郎 初代社長に就任

合資会社山野楽器店楽器楽書目録
中央区立郷土天文館「タイムドーム明石」所蔵

1920

ビクター蓄音機の売りさばき元(ジョバー)となる

1923

関東大震災により店舗焼失
仮店舗にて営業再開

1926

株式会社山野楽器店に改組

昭和

1928

本造本建築で本店竣工

日本ビクターの売りさばき元(ジョバー)となる

商店包装紙 山野楽器店(銀座四丁目)
中央区立郷土天文館「タイムドーム明石」所蔵

1943

キングレコードの大売りさばき元販売権を取得

1945

銀座・有楽町空襲により本店消失
仮営業所にて営業再開

1947

銀座本店 新店舗竣工

1951

初代 山野政太郎が会長に、山野省三が社長(2代目)に就任

1954

渋谷東横百貨店に支店開設(戦後出店第1号)

1957

子どものための音楽教室(オルガン教室、ヤマハ音楽教室)スタート

1961

ヤマハ製品の卸販売権を獲得

1963

米国フェンダー・ミュージカル・インストルメンツ社と国内独占販売契約を締結

1967

本店ビル竣工(1000㎡を超える売場、音楽教室、小ホールなどを併設)

1969

山野音楽興業株式会社(現 株式会社 ヤマノクリエイツ)設立

米国CBS・ミュージカル・インストルメンツ社によるフェンダー・ミュージカル・インストルメンツ社の買収を機に、日本総代理店契約を締結

1970

第1回ヤマノ・ビッグバンド・ジャズ・コンサート(現 ヤマノ・ビッグバンド・ジャズ・コンテスト)開催

1977

創業85周年、山野省三が会長に、山野政光が社長 (3代目) に就任

1982

創業90周年、社名を「株式会社 山野楽器」に変更

株式会社 マイクスカンパニー設立

1985

米国CBS・ミュージカル・インストルメンツ社から、MBOにより(株)フェンダー・ミュージカル・インストルメンツ社を設立、新会社に資本参加

1986

米国BBEサウンド社と総代理店契約を締結(後年に資本参加)

1987

米国ギブソン・ミュージカル・インストルメンツ社と総代理店契約を締結

1988

サウンドクルー吉祥寺(楽器専門店)開設

平成

1989

ウインドクルー(管楽器専門店)開設

1991

新本店ビル(現在の銀座本店)竣工

1992

創業100周年

1998

ヤマノミュージックサロン有楽町(大人のための音楽教室)開設

2003

山野政光が会長に、山野政彦が社長 (4代目) に就任

2006

ギブソン社との総代理店契約を解消

2008

米国テイラーギター社と輸入総代理店契約締結

2013

(株)新星堂からロックイン新宿、ロックイン吉祥寺など楽器部門を事業譲渡

2014

米国コアロハウクレレと総代理店契約を締結

2015

米国フェンダー・ミュージカル・インストルメンツ社との代理店契約を解除

東北初の店舗として、本店に並ぶ規模の総合音楽ショップ、仙台店 開設

2016

公式キャラクター Hoo(ふー)ちゃん 誕生

ギターの新ブランド、WISDOM(ウイズダム)を立ち上げ、製品の販売を開始

米国BBEサウンド社と、G&L製品の総代理店契約を締結

2017

創業125周年

電子ペーパー楽譜「GVIDO」を世界に先駆けて取り扱い開始

デジタルオーディオ関連ショップ「Beat Stage」が本店B1にオープン