ウインドクルー WINDCREW

テナーバストロンボーン

YAMAHA(ヤマハ)

世界中のトッププレイヤーの高度な要求に、妥協なき技術で応えて生まれたヤマハカスタムトロンボーン“ゼノ”。プレイヤーにストレスを感じさせないこのクオリティの高さはどのブランドにも真似はできません。

Bach(バック)

Bach(バック)の創造者、Vincent Bach(ヴィンセント・バック)氏は1918年にマウスピースの製作を始めました。それが金管楽器老舗メーカーBach(バック)の100年にもおよぶ歴史の始まりです。
1976年に亡くなるまで、ヴィンセント・バック氏は楽器デザインと製造に密接に関わり続け、将来造りたかった楽器にまでおよぶ数千枚の詳細な設計図とマニュアルを遺しました。
現在にいたるまで、Bach(バック)は最高の金管楽器として、世界中のあらゆるプレイヤーに愛され続けています。

Courtois(クルトワ)

200年の伝統を誇るフランスの金管楽器メーカー“Courtois(クルトワ)”。フランスはもとより、オランダなどヨーロッパを代表するプロプレイヤーがクルトワの楽器を愛用しています。
世界的ソリスト、ミシェル・ベッケ氏をはじめ、パリ・オペラ座管弦楽団、ロイヤル・コンセルトヘボウ管弦楽団など、あまりにも多くのプレイヤーに愛され続けています。
軽やかな吹奏感と、密度の濃い響きはオーケストラ、吹奏楽、アンサンブルなどあらゆるジャンルにマッチし、 初めてトロンボーンを吹かれる方からプロプレイヤーにいたるまで幅広い層に支持されています。
2015年よりフランスのアンボワーズからドイツのマルクノイキルヒェンに工場が移りましたが、クルトワの個性や伝統はしっかりと引き継がれております。

XO(エックス・オー)

XO(エックス・オー)はSchilke(シルキー)など多くの金管楽器の輸入元を担う株式会社グローバルが開発、プロデュースし、台湾の管楽器総合メーカー功学社(KHS)で製造されているコラボレーションブランドです。誕生にいたるまで、多くの歳月を費やし、数多くのプレイヤーと対話し意見を採り入れ完成しました。
研究を重ね実現した鳴りの良さは、初めての方からプロプレイヤーまで多くの支持を得ています。

その他のブランド

上記のブランド以外にもGetzen(ゲッツェン)やEdwards(エドワーズ)をはじめとした世界中のブランドを取りそろえております。