ウインドクルー(管楽器専門店) トロンボーン

PRODUCT

ウインドクルー取り扱い『アルトトロンボーン』

主にオーケストラで使用されるアルトトロンボーン。
使用頻度は決して多くはありませんが、ベートーヴェンの交響曲第9番やシューマンの交響曲第3番など、アルトトロンボーンが欠かせない楽曲は多数あります。
また、アンサンブルでもアルトロンボーンが大活躍する場面はたくさんあります。
オーケストラやアンサンブルで活動される方は、必要な時にそなえてぜひウインドクルーにご相談ください。

※表示価格はすべて税込価格です。
※仕様、外観および価格は予告なく変更される場合がございます。
※在庫状況により楽器専門検サイト『デジマート』へのリンクが切れている場合がございます。
※こちらのページは過去に入荷したモデルの一部を掲載しております。実際の在庫状況などはお問い合わせください。

  • 【GOPP(ゴップ)】
    ■J1


    ドイツのフランクフルト郊外に工房を構える“Josef Gopp(ヨーゼフ・ゴップ)”。2000年に設立され、トランペット、トロンボーン系の金管楽器を製作する工房です。
    GOPP(ゴップ)のアルトトロンボーン“J1”グースネックからベルまでが一体式で、スライドチューニングシステムを採用しています。イントネーションが良く、ホールに響き渡る豊かな音色を実現します。
    特に高音域の反応が良く、繊細な表現からパワフルな表現まで自由に奏でることができます。
    厳しい要求を迫られるソロパフォーマンスに威力を発揮します。

    E♭、デュアルボア(12.4mm/12.7mm)
    ベル:ゴールドブラスベル、イエローブラスベル、ブロンズベル選択可
    ベル径:180mm
    アウタースライド:イエローブラス、ニッケルシルバー選択可
    ラッカー仕上げ
    ※画像はゴールドブラスベル、ニッケルシルバーアウタースライド

    Open Price
    ※販売価格をお問い合わせください。

  • 【C.G.CONN(コーン)】
    ■36HY


    アルトトロンボーンと言えばドイツ製のものが主流の中、唯一アメリカ製のもので圧倒的な人気を誇るコーン“36HY”。日本国内でも多くのプロプレイヤーが愛用しています。
    他社が管の細いドイツタイプを採用する中、この“36HY”はベル径が太く、太管トロンボーンと組み合わせた時のバランスが考えられた設計になっています。
    スライドチューニングシステムなので、音域も広く、ソロ、アンサンブル、オーケストラとあらゆる場面で重宝します。息の入りもスムーズで太管トロンボーンからの持ち替えも楽。
    ベルはイエローブラス、スライドの外管にはゴールドブラスを採用し、アルトトロンボーン本来の輝かしいサウンドとシンフォニックな響きの両方を兼ねそなえたモデルです。

    E♭/B♭、イエローブラスベル(7")、デュアルボア(12.47mm/12.70mm)、スライド外管ゴールドブラス製、ラッカー仕上げ

    メーカー希望小売価格:¥393,800
    ※販売価格はお問い合わせください。

    『C.G.CONN(コーン) 36HY』の詳細はこちら>>※楽器専門検サイト『デジマート』へリンクします。

  • 【YAMAHA(ヤマハ)】
    ■YSL-871


    長年のベストセラーYSL-8710をベースに改良し、バイエルン放送交響楽団ソロトロンボーン奏者のトーマス・ホルヒ氏の監修のもと誕生したモデル。
    近年の大編成化されるオーケストラにも対応できるよう、音量、音質が改善されています。 もちろん、操作性、音程の良さはヤマハの真骨頂、他の追随を許しません。
    持ち替え楽器として使用されることの多いアルトトロンボーンにとって、扱いやすさは重要視されるポイントです。
    また、吹奏感だけでなく、スライドのポジションはテナートロンボーンと相似な位置に設計しているため、持ち替えによる違和感も減少しています。

    E♭、イエローブラスベル(181.8mm(7-1/8"))、ボア(11.95mm/12.45mm)、スライド外管ニッケルシルバー製(スライドクルーク:イエローブラス)、ラッカー仕上げ

    メーカー希望小売価格:¥319,000
    ※販売価格はお問い合わせください。

    『YAMAHA(ヤマハ) YSL-871』の詳細はこちら>>※楽器専門検サイト『デジマート』へリンクします。

  • 【YAMAHA(ヤマハ)】
    特注品 ■YSL-871G(ゴールドブラスベル仕様)


    持ち替え、コントロールのしやすさで人気のアルトトロンボーンYSL-871のゴールドブラスベル仕様の特注品
    ゴールドブラスベルを採用することでドイツ的な響きを実現し、よりアルトトロンボーンらしさが引き立ちます。 近年の大編成化されるオーケストラにも対応できる音量、音質。 「持ち替え楽器にはコストをかけたくない、音程、操作性にストレスを感じたくない。」というのは誰もが望むところ。そのすべてを網羅するモデルです!

    E♭、イエローブラスベル(181.8mm(7-1/8"))、ボア(11.95mm/12.45mm)、スライド外管ニッケルシルバー製(スライドクルーク:イエローブラス)、ラッカー仕上げ

    メーカー希望小売価格:¥341,000
    ※販売価格はお問い合わせください。

  • 【YAMAHA(ヤマハ)】
    特注品 ■YSL-871GNC(ゴールドブラスベル仕様、ニッケルシルバースライドクルーク)


    こちらの“YSL-871GNC”は通常モデルの“YSL-871”をベースに山野楽器ならではの仕様変更を盛り込んだ特注品です。
    ベルをイエローブラスからゴールドブラスに変更。そしてベルとの相性を考慮し、スライド先端部分をあえて洋白に変更(通常モデルはイエローブラス)、スライド全体を洋白にしました。
    柔らかく厚みのあるサウンドの中にもしっかりとした芯のある響きを生み出し、明瞭な発音も実現します。
    アルトトロンボーンの活躍する楽曲において、よりマッチングするモデルとなりました。

    E♭、イエローブラスベル(181.8mm(7-1/8"))、ボア(11.95mm/12.45mm)、スライド外管ニッケルシルバー製(スライドクルーク:ニッケルシルバー)、ラッカー仕上げ

    メーカー希望小売価格:¥348,700
    ※販売価格はお問い合わせください。

  • 【YAMAHA(ヤマハ)】
    ■YSL-872


    元ユタ交響楽団首席トロンボーン奏者のラリー・ザルキン(Larry Zalkind)氏の開発協力により誕生したモデル。
    トリルキィ(D管抜差)を装備したアルトトロンボーンで、レバーを押した際に半音下がる仕様です。
    リップトリルでは対応しにくいトリル演奏を可能とし、よりソリスティックな演奏が可能になっています。
    また、トリルキィ無しのモデル“YSL-871”とはスライド外管の材質も異なります。“YSL-871”が洋白を採用しているのに対し、こちらの“YSL-872”はイエローブラスを採用
    豊かな響きを持ち、近年の大編成のオーケストラに求められる音量、音色を見事に実現しています。
    セクションでの演奏はもちろんのこと、ソロ、コンチェルトにも十分対応できます。

    E♭、イエローブラスベル(181.8mm(7-1/8”))、デュアルボア(11.95mm/12.45mm)、スライド外管イエローブラス製、ラッカー仕上げ、トリルキィ(D管抜差)装備

    メーカー希望小売価格:¥374,000
    ※販売価格はお問い合わせください。

  • 【COURTOIS(クルトワ)】
    ■AC131R-1


    200年の伝統を誇る金管楽器ブランド“Courtois(クルトワ)”のアルトトロンボーンです。日本ではミシェル・ベッケモデルのテナーバストロンボーンが有名ですが、オランダやフランスなどのオーケストラでは柔らかく、太いサウンドでアルトトロンボーンも人気があります。
    スライドは外管にイエローブラス、クルーク部分にローズブラスという珍しい組み合わせで、しっかりとした響きが得られます。アメリカ管とのセクションにも非常によくブレンドし、オーケストラ、ソロ、アンサンブルとさまざまな場面で活躍できます。

    E♭、デュアルボア(11.80mm/12.50mm)、ローズブラスベル(185mm)、ラッカー仕上げ

    メーカー希望小売価格:¥484,000
    ※販売価格はお問い合わせください。

※掲載中のモデル以外も取り扱っております。詳しくはお問い合わせください。