仙台店

PRODUCT

仙台店 "ホルン新入荷、おすすめ商品情報"

仙台店がご紹介する新入荷、おすすめのホルン関連情報

仙台店では定番モデルはもちろん、山野楽器が直輸入したハンドメイドホルンまで多数取りそろえております。
マウスピースも国内外のハンドメイドマウスピースをはじめ、多数ご用意しております。
その中でも新たに入荷した商品や、スタッフが特におすすめするアイテムをご紹介いたします。
今回は日々プロプレイヤーのバックアップをしている当社だからこそご用意できる選定品を中心にご紹介いたします。

※在庫状況はお問い合わせください。店頭で販売しているため、お問い合わせいただいた時点で商談中や売り切れとなっている場合がございます。

  • 【YAMAHA(ヤマハ)】
    YHR-567GDB 五十畑勉氏(東京都交響楽団)選定品


    中高生や初めての方にお薦めのフルダブルホルンと言えばこのYHR-567GDB。
    自然な息の流れを生み出す独自のレイアウト設計により、伸びやかな吹奏感を実現しています。
    銅の含有率が高いゴールドブラスを採用し、温かく落ち着いた響きを追求しています。
    また、レバーアクションにロッドエンドベアリング方式を採用。金属なので、コード式のような切れる心配がありません。
    スムーズな操作感と優れた耐久性。最初の1本にお薦めのモデルです。
    今回は東京都交響楽団ホルン奏者、五十畑勉氏に選定していただきました。

    F/B♭フルダブル(F/B♭←→B♭/F切り換え可)、Mベル、ボア:12.0mm、可動式第4ロータリーレバー、洋白製ロータリーボックス、ロッドエンドベアリング方式レバー、ゴールドブラス、ベルカット、ラッカー仕上げ

    メーカー希望小売価格¥502,200(税込)
    販売価格¥409,320(税込)
    >詳しくはこちら>>

  • 【YAMAHA(ヤマハ)】
    YHR-671D 鈴木優氏(東京交響楽団)選定品


    フルダブルホルンは、管のレイアウトやベルの太さによってクルスペタイプとガイヤータイプに分類されることがあります。
    ガイヤータイプの特長としては、その緩やかな管レイアウトからB♭管、F管ともに自然な吹奏感が得られ、明るく柔らかいサウンドがあげられます。
    こちらのYHR-671Dは、カスタムホルンYHR-871Dと基本設計を共通とする本格派ガイヤースタイルのホルンです。
    専門的に楽器に取り組んでいこうとする学生さんはもちろんのこと、プロフェッショナルの要求にも十分応えることができます。
    今回は東京交響楽団の鈴木優氏に選定していただきました。
    ぜひお試しください。

    F/B♭フルダブル(F/B♭←→B♭/F切り換え可)、ゴールドブラスベル、Mベル、ボア:12.0mm、第4レバーアジャスタブル方式、ベルカット、ラッカー仕上げ

    メーカー希望小売価格¥648,000(税込)
    販売価格¥519,480(税込)
    詳しくはこちら>>

  • 【YAMAHA(ヤマハ)】
    山野楽器オリジナルモデル YHR-668NDFY


    日本を代表するホルン・レコーディング・アーティスト藤田乙比古氏を監修者に迎え、山野楽器と最高の技術力を誇るヤマハのコラボレーションから誕生したオリジナルモデル。
    こちらのモデルのために開発したリング内蔵特製バルブキャップの採用をはじめ、各所の材質構成や設計を吟味。
    その結果、クルスペスタイルの太ベルでありながら、芯のあるクリアなサウンドを実現しました。
    一流ブランドに匹敵するダイナミックスレンジ。繊細なppから迫力あるffまで表現でき、学生さんからプロプレイヤーまで幅広いレベルに対応するモデルとなりました。

    F/B♭フルダブル(F/B♭←→B♭/F切り換え可)、LLベル、ボア:11.9mm-12.0mm、可動式第4ロータリーレバー、可動式小指指掛け、リング内蔵特製バルブキャップ(彫刻付)、
    スクウェア型主管抜差、スクウェア型F主管抜差、ニッケルシルバー製、マウスパイプ:ゴールドブラス製、抜差中管:ゴールドブラス製、ベルカット、ラッカー仕上げ

    Open Price
    販売価格¥598,000(税込)
    詳しくはこちら>>

  • 【ALEXANDER(アレキサンダー)】
    103MBL 森博文氏(元東京フィルハーモニー交響楽団首席)選定品


    ドイツのアレキサンダー社の代表機種。プロ奏者の使用率は非常に高く音大受験のために手にする人も非常に多いスタンダードモデルです。
    スパイラルバルブなどに代表される独特な管レイアウトは、他の機種にはない、103特有のやや抵抗のある吹奏感や、輝かしく艶のある音色を実現しています。
    オーケストラやアンサンブルなど多くの場面で使われているホルンです。
    あくまでもハンドワークにこだわり、ホルン本来の豊かな音楽性を追求しています。

    今回は元東京フィルハーモニー交響楽団首席奏者、現在くらしき作陽大学准教授の森博文氏に選定していただきました。
    一生ものの楽器、プロプレイヤーによる選定品をおすすめいたします。

    F/B♭フルダブル(F/B♭←→B♭/F切り換え可)、ボア12.1mm、2枚取りMベル、イエローブラス、ベルカット、ラッカー仕上げ

    メーカー希望小売価格¥1,522,800
    販売価格¥1,233,360 (税込)
    詳しくはこちら>>

  • 【Hans Hoyer(ハンスホイヤー)】
    801GAL 古野淳氏(東京フィルハーモニー交響楽団)選定品


    旧東ドイツ時代からアレキサンダーやメーニッヒなどと並ぶ由緒ある金管楽器ブランド“Hans Hoyer(ハンスホイヤー)”。
    Hans Hoyer(ハンスホイヤー)のホルンが醸し出す甘く柔らかいサウンドは古くから日本でも人気が高く、吹奏感や音程などはドイツ統合後の製品改良によって、以前よりも癖がなくなり、吹きやすくなっていると評判です。
    こちらの“801GAL”はベル、管体ともにゴールドブラスを採用し、深みのある柔らかなハンスホイヤー・サウンドを際立たせるモデルとして非常に人気の高いモデルです。
    全音域での鳴りの良さと軽快な吹奏感は、初めての方から上級者の方まで幅広い奏者を満足させます。
    今回は古野淳氏(東京フィルハーモニー交響楽団)に輸入元にて選定していただきました。

    F/B♭フルダブル(F/B♭←→B♭/F切り換え可)、ボア11.9mm、Mベル、ゴールドブラス、可動式フィンガーフック、3Bリンケージ・システムロータリー・アクション、ウォーターキィ付き、ベルカット、ラッカー仕上げ

    メーカー希望小売価格¥680,400(税込)
    販売価格¥538,920(税込)
    詳しくはこちら>>

  • マウスピース 【アトリエ・モモ】

    長年管楽器の設計や製作に携わり、世界中のトッププレイヤーからの信頼も厚いアトリエ・モモのマイスター、河村百丈氏が手がける“MOMO SPECIAL MOUTHPIECE”。
    特別な音響処理が施され、レスポンスが良く、なめらかな吹奏感でありながらクリアで芯のあるサウンドが特徴です。
    通常モデルのほかに村上哲氏(京都芸術大学准教授)と共同開発をしたM.M.M.モデルもございます。
    今までのMOMOのモデルになかった大きめのスロートを採用することで、息の抜けを良くしています。さらに、マウスピースに少し重量感を持たせることにより、音が割れすぎず、しっかりとした音色を作ることができます。
    ※試奏希望の際はご自身の楽器をご持参ください。

    銀メッキ仕上げ:販売価格¥23,000(税込)

  • ホルン四重奏曲集 【WALDHORN QUARTETTE IM JAPANISCHEN STIL (日本の緑本)】

    ホルン吹きで知らない人はいないアンサンブル 曲集通称「緑本」。
    それを参考にホルン奏者であり、さまざまアレンジも手掛ける西内真幾氏が日本で有名な歌、曲を集めホルンアンサンブルに編曲した“WALDHORN QUARTETTE IM JAPANISCHEN STIL(日本の緑本)“。
    掲載曲も童謡からクラシックと多岐にわたり、仲間内で遊びで合わせるも良し、余興などにも役立ちます。

    掲載曲一例:・さくらさくら、ジングルベル、仰げば尊し、荒城の月、吉本新喜劇のテーマ、乾杯の歌 など

    販売価格¥7,560(税込)