仙台店 2F 弦楽器フロア

TOPICS

弦楽器の修理・メンテナンス会のご案内

○弦楽器のお手入れ方法
楽器はとても繊細です。普段のお手入れをしていても、時には痛みや故障が起きてしまうものです。なかには専門の技術が必要なこともございますので、半年~1年に1度はメンテナンス(健康診断)をおすすめしています。
○弓の毛替え
弓の毛は馬のしっぽの毛を使っています。天然の素材を使用しているため、痛みは避けられません。毎日お弾きになる方は半年に1度、時々弾かれる方であれば1年に1度の頻度で毛替えをおすすめします。
○弦の交換について
切れていないうちは、ついつい使い続けてしまう弦。しかし、サビがついて黒ずんでしまった弦は切れやすい上に、音が出しにくくなります。こちらも毛替えと同様、1年に1度交換されることをおすすめします。新しい種類の弦も次々発売されていますので、ぜひご相談ください!

実施日:毎月第1、第3火曜日 10:30~18:00 予約制
    (修理日当日の予約受付終了時刻 17:30)
弦楽器 無料点検 実施中
※8/18(火)に予定しておりました修理・メンテナンス会はコロナウイルス感染拡大防止のため中止とさせていただきます。次回の開催日、修理に関するご不明な点は、店頭またはお電話にてお問い合わせください。

修理日以外のお持ち込みや、ご遠方のお客さまの受付・配送も承ります。どうぞお気軽にご相談ください。

■弓の毛替料金
ヴァイオリン弓・・・・・\6,380(税込)
分数ヴァイオリン弓・・・\5,830(税込)
ヴィオラ弓・・・・・・・\6,930(税込)
チェロ弓・・・・・・・・\7,480(税込)
コントラバス弓・・・・・\8,030(税込)
■修理料金(例)
ヴァイオリン駒反り直し+高さ調整・・・・・・・・・\3,300(税込)
ヴァイオリン糸巻(ペグ)交換4本 ※パーツ代別・・・・\22,000(税込)

  • 修理担当技術者
    橋本 剛俊(Taketoshi HASHIMOTO)

    【略歴】
    1958年東京生まれ。大学在学中よりヴァイオリン製作および修理を故佐藤正人氏に師事。86年渡伊、イタリア国立クレモナ国際ヴァイオリン製作学校入学、90年同校卒業。クレモナ市内に開業。引き続きジオ・バッタ・モラッシー氏に師事。95年帰国。99年より銀座山野楽器弦楽器技術顧問。日本弦楽器製作者協会人会員。
    【受賞歴】
    1991年 クレモナ・トリエンナーレ国際コンクールチェロ部門第2位銀メダル。1992年 ヴァイオリンソサエティ・オヴ・アメリカ国際コンクールヴィオラ部門第2位銀メダル。1994年 モスクワ・チャイコフスキー国際コンクールチェロ製作部門第1位金メダル。同時に最優秀製作技術賞。その他受賞多数。