仙台店 3F ピアノフロア

TOPICS

輸入ピアノ楽譜 今月の一冊!

輸入ピアノ楽譜担当者が、おすすめの輸入楽譜をご紹介するコーナー!

「今月の一冊!」と、関連する楽譜2冊をピックアップしています。
みなさまと輸入楽譜の新たな出会いのお手伝いができたらうれしいです!
毎月更新していますので、HP、店頭と合わせてチェックしてください。

  • ■2020年8月の一冊!
    【J.S.バッハ/インヴェンションとシンフォニア(ヘンレ版)】

    今月はピアノ学習者の定番がテーマです!
    電子ピアノのなどの内臓デモ音源にもほぼほぼ入っている「インヴェンション第1番」はテレビなどでもよく使われていますよね。担当者のわたしも子どもの頃に少しだけ習いました。旋律を意識してピアノ演奏をすることを初めてしっかりと考えたような気がします。
    ヘンレ版はピアノ学習者にとっておなじみの版ですが、実はこの「インヴェンションとシンフォニア」、2015年に改訂新版となっています。先生と生徒さんで持っている楽譜の出版番号が違う、なんてこともあるかも…。より良い演奏のために旧版、新版と見比べるというのも大切な作業ですよ!

    《9/4(金) 楽曲分析(アナリーゼ)のセミナーを開催!インヴェンションを例題に解説します。詳しくはこちら>>

  • ■2020年7月の一冊!
    【ラフマニノフ/生誕100周年記念曲集(アルフレッド版)】

    タイトルのごとく、ラフマニノフの生誕100年を記念して1973年に出版されました。自作曲と編曲作品が収められています。自作曲のうち、「東洋のスケッチ(Oriental Sketch)」は、親交の深かったヴァイオリニスト クライスラーが、機関車のような躍動感とその軽快なテンポから「オリエント急行」というニックネームをつけたとか。
    編曲作品は、そのクライスラーの「愛の喜び」、「愛の悲しみ」、「リムスキー=コルサコフ/くまんばちの飛行」、「バッハ/組曲ホ長調」など、コンサートピースとして馴染みにあるものがならんでいます。技巧派ピアニストとしても活躍したラフマニノフの魅力がギュッと詰まった一冊です!

  • ■2020年6月の一冊!
    【シューマン/子どもの情景(ベーレンライター版)】

    6月8日が生誕日のシューマン。演奏機会が多いこの「子どもの情景」は、ヘンレ版などで学習した方も多いのでは?同時期に活躍したリストは、この作品をとても気に入り、当時3歳だった娘のブランディーヌによく弾いてあげたそうですよ。
    初版は1839年、ブライトコップ社(Breitkopf&Hartel)からでした。
    2011年に出版されたこのベーレンライター版は、ドイツ人ピアニストであり、音楽大学で教授も務める、ラグナ・シルマー氏による、運指と演奏方法の提案が記されています。ぜひ国内版や他の輸入版と中を見比べてみてください!

  • ■クラシックピアノ・オルガン楽譜を多数在庫しております
    ピアノ学習者から演奏家まで幅広いお客さまにご満足いただけるラインアップをご用意しております。もちろん、連弾や2台ピアノの楽譜もご用意。コンサートの選曲などの際に、じっくりとご覧いただけます。
    またオルガンの楽譜も、ベーシックなものを中心に在庫しており、実際に楽譜をご覧になってお選びいただけます。

    クラシックピアノ輸入楽譜のご案内はこちら>>

  • 【代引き配送承ります】
    「お探しの楽譜が近くでは見つからない」、「どこに楽譜を探しに行けばよいかわからない」といったお悩みをお持ちの方へ!山野楽器仙台店ではお電話での楽譜のご注文、代引き配送を承っております♪
    詳しくはこちら>>

  • ■webからのお問い合わせ
    仙台店楽譜フロアへのお問い合わせは、WEBページからも承っております。
    楽譜の在庫状況や出版のご確認など、楽譜専門スタッフが対応いたします。
    お気軽にご利用ください。

    詳しくはこちら>>