銀座本店 5F 管楽器フロア オカリナ

TOPICS

試奏に関する取り組み&ご案内

安心してご来店いただくために…

山野楽器 銀座本店 5F管楽器フロアでは、さまざまな対策をしながら営業中です。
みなさまのご来店を心よりお待ちしております。

5F管楽器フロアでの試奏に関する取り組み
・試奏室内の机、椅子、ドアノブなどは定期的に巡回消毒いたします。
・展示楽器につきましては、試奏の有無にかかわらず、定期的にスタッフによる消毒を行ってまいります。
・試奏終了後の楽器は速やかに山野楽器規定の方法で消毒いたします。
・試奏室の使用方法、入室人数などに制限を設けさせていただきます(詳細は下記【試奏室ご利用のご案内】をご確認ください)。

■これまで試奏可能であったリード※ の試奏は、当面の間中止とさせていただきます。
※オーボエ、ファゴットの完成リードおよびSilverstein ALTA Select ReedおよびAMBIPOLY REED。
■木製楽器、オカリナは異なるお客さまへの同一楽器の連続試奏は行っておりません。


お客さまにはご不便、ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解ご協力のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。

  • 【試奏室ご利用のご案内・1】

    試奏室のご利用をご予約優先とさせていただきます。ご予約がないお客さまは、試奏のご案内までお時間を頂戴する場合がございます。
    また、ご利用時間を30分とさせていただき、次のご予約が入っていない場合のみ、5~10分の換気の後、継続してご利用いただけることとします。

    試奏室のご予約、ご予約状況の確認につきましては、お電話にてお気軽にお問い合わせください。

  • 【試奏室ご利用のご案内・2】

    ご予約時、もしくは楽器の試奏前にお客さまのお名前、連絡先を控えさせていただきます。
    ・万が一、感染者が出てしまった場合の備えとして活用させていただきます。
    ・ご記入いただきましたお客さまの個人情報は法令に基づき、山野楽器が厳重に管理いたします。

    また、楽器試奏時は、ご自身のマウスピースをご持参ください。お持ちでない場合には試奏を制限させていただく場合がございます。

  • 【試奏室ご利用のご案内・3】

    試奏室に入室できるのは、原則、大きい試奏室で2名さま、小さい試奏室は1名さままでとさせていただきます。規定人数以上の入室ご希望の場合には、試奏室のドアを開放の上、ご試奏いただきます。また、スタッフは原則、試奏室には入室せず、入口にてドアを開放の上、接客させていただきます。

    可能な限り最小人数でのご来店にご協力お願いいたします。
    (場合によっては試奏スペースへのご案内を制限させていただきます)

    また、楽器試奏前、試奏後には備え付けのアルコール消毒液で手指の消毒をお願いいたします。

  • 【ご自宅でもお買い物を】

    銀座本店 5F管楽器フロアでは、楽器専門検索サイト『デジマート』に店頭在庫の一部を掲載開始いたしました!場所や時間を選ばず、いつでもどこででもお買い物できるのがオンラインショップの魅力。これから掲載数を増やしていきますので、ぜひチェックをお願いします!
    こちらから

  • 【店頭販売へのこだわり】
    今やなんでも簡単に買える時代。そんな時代だからこそ、私たちは店頭での販売にこだわっています。

    《スタッフ自身が仕入れた生の情報をお客さまへ》
    スタッフも皆、お客さま同様、楽器の愛好家です。製作家や開発者にお会いして伺ったこぼれ話や、実際に商品を試したからこそわかる使用感など、インターネットには載っていない生の情報をお持ち帰りいただけるよう心がけております。

    《ぴったりの1本を一緒にお探しします》
    各楽器には幅広い知識と経験を持つ専任スタッフを配置。お一人お一人のお話を聞き、心を通い合わせることで、よりお客さまに合った商品をご提案いたします。

    楽器への思いは人それぞれ。ここに来れば楽しい、何か新しい情報がある、なんでも相談できる、そんなお店を目指しています。
    人との距離が気になる昨今ですが、短い時間でもぜひお立ち寄りください。

  • 【管楽器/教育楽器の飛沫可視化実験】
    株式会社ヤマハミュージックジャパンにより、管楽器や鍵盤ハーモニカなど息を吹き込む楽器の演奏時の飛沫の飛散状況を可視化する実験が行われました。
    楽器演奏による飛沫の飛散距離と左右への広がりにおいては、くしゃみ、発声と同等以下であることが観測されたとのこと。ぜひご活動の参考にご覧ください。
    こちら(ヤマハミュージックジャパンのサイトへ飛びます。)

■最新情報はtwitterをチェック!→こちらから
■愛好家のためのメールマガジン→こちらから