銀座本店 5F 管楽器フロア オカリナ

PRODUCT

オーボエ 最初にそろえておきたいアイテム

オーボエコーナーでは、初めての1本におすすめの定番モデルからこだわりの楽器までさまざまなモデルを取りそろえております。また、リードやメイキング工具などアクセサリーも充実しています。
今回は、オーボエをはじめるにあたってそろえておきたいアイテムをご紹介します。オーボエはとても繊細な楽器だからこそ、丁寧なお手入れが必要です。正しい知識でお手入れをして、楽しく演奏しましょう。
 
 

  • ①リード

    オーボエ奏者にとってリードは、吹奏感や音色などを左右するとても重要なアイテムです。リードは消耗品なので、寿命があります。一本をずっと使うのではなく、2~3本をローテーションしながらお使いいただくと長持ちします。
    そしてリードにはたくさんの種類があります。実際に試奏もできますので、「自分にどんなリードが合うのかわからない」という方はぜひスタッフにお声がけください。

  • ②リードケース

    リードはとても繊細!!大切なリードはリードケースに入れて保管しましょう。リードケースは3本入るタイプからご用意がありますが、5本~10本入るタイプがおすすめです。練習用、本番用などいろいろな場面に備えてリードを管理するとよいでしょう。

  • ③スワブ

    オーボエは木の楽器なので、水分にとても弱いです。スワブ(掃除布)を使い、管体の中の水分をこまめにとりましょう。練習終わりはもちろん、演奏中のちょっとした合間にもスワブを通しておくと安心です。

  • ④ハネ、小ハネ

    大きいハネは管体用です。オーボエの上管の内部はとても細く、上の方では内径が4ミリといわれています。管内にハネを入れてくるくると回し、水分を散らすようなイメージでゆっくり抜きましょう。
    小さいハネはリードの掃除に使います。リードの先端部分はとても狭いので汚れがたまりやすいです。水入れにリードをつけて、チューブ(リードのコルク)のほうから小ハネを通しましょう。

  • ⑤クロス

    楽器を吹いた後は、クロスでやさしくキィの汚れを拭き取りましょう。毎日ピカピカに磨く必要はありませんが、汚れをそのままにしておくとキィの変色につながってしまいます。

  • ⑥クリーニングペーパー

    タンポに水が溜まったままにしておくと、管体のひび割れの原因になることがありますし、タンポの劣化も早まります。タンポに水が溜まったときはクリーニングペーパーで水分を除去しましょう。特にオクターブキィは水が溜まりやすいので、楽器をしまう前には必ず確認しましょう。

  • ⑦コルクグリス

    購入直後の楽器のジョイントコルクは硬いことがあります。力を入れて楽器を組み立ててしまうと、キィ曲がりの原因にもなりますから、スムーズに抜き差しができるようになるまでは、薄くコルクグリスを塗りましょう。楽器をしまうときには、コルクグリスを拭き取りましょう。

  • ⑧水入れ

    リードは湿らせてから使うので、水入れが必要です。持ち運びをするなら、フタ付きの容器がおすすめです。入れる水の量は、深さ約1.5cm程度が目安です。リードを水につける時間は人それぞれですが、一般的に楽器を組み立てる時間くらいといわれています。楽器を組み立てる前にリードの準備をして、水入れにリードをいれる習慣をつけるとスムーズに練習を始めることができます。

  • ⑨モイスレガート

    モイスレガートは、ケース内の湿度を40%から60%に保つ調湿機能を長期間(約2年間)持続する画期的なシートです。ケース内に入れておくことで、楽器を安定した状態に保つことができます。

  • ⑩チューナー

    チューナーは音程を確認するために使用します。チューナー単独の商品もありますが、メトローム機能を兼ね備えたものもあります。

【お問い合わせ】
銀座本店5F 管楽器フロア TEL:03-5250-1062
■最新情報はtwitterをチェック!→こちらから