銀座本店

TOPICS

スタッフおすすめの1枚

ジャズスタッフが、テーマを決めて新旧問わず、自身の耳で選んだおすすめ作品をご紹介いたします。
(商品の詳細は売り場までお問い合わせください。)
 

  • 「今月のクールになれる1枚①」
    ポール・デスモンド『テイク・テン』SICJ-71
    デイヴ・ブルーベックの大ヒット曲「テイク・ファイヴ」の作者。その続編とされるタイトル曲「テイク・テン」を収録。後半⑤〜のボサノバ曲がクールです。(担当:神尾)

  • 「今月のクールになれる1枚②」
    ボビー・ハッチャーソン『ハプニングス』UCCU-5700
    ハービー・ハンコックがバックを務める新主流派ヴァイブ奏者。いつ聴いてもこの時代のブルーノートらしいクールな響きを感じます。(担当:神尾)

  • 「優しい気持ちになれるホットな1枚」
    ジョニー・スミス 『マイ・ディア・リトル・スウィートハート』WPCR-29212
    16人編成の優雅なストリングス・アンサンブルをバックに、優しいジョニーのギターが心地よく響き渡る、ちょっぴりレトロでロマンチックな名作。ステキなひとときが過ごせそうです。(担当:石井)

  • 「特別な日に聴きたいワンランク上のエレガントな1枚」
    アーノルド・クロス『ビューティフル・ラヴ』AS-67
    オランダのピアニスト、アーノルド・クロス。繊細なタッチと気品溢れる美しいアレンジに最初から最後まで、ぐいぐい引きこまんれます。選曲や全体の流れもとても素晴らしいです。(担当:石井)