銀座本店

TOPICS

今月の必聴傾聴盤

銀座本店 クラシックフロア スタッフが選んだ“今月の必聴傾聴盤”(2019/5/16更新)
 
レオナルド・ダ・ヴィンチ没後500年記念盤!
レオナルド~シェイピング・ジ・インヴィジブル
ロバート・ホリングワース指揮イ・ファジョリーニ
【CORO】COR16171 輸入盤
 “万能の天才”レオナルド・ダ・ヴィンチの没後500年を記念するアルバム。ブックレットにはダ・ヴィンチのさまざまな絵画が掲載され、その内容にあわせた楽曲が選曲されているという実に凝ったプログラムになっている。主にルネサンス時代と現代のポリフォニー合唱曲が選ばれていて、例えばジャケット画にもなっている、最近発見された「世の救い主(Salvator mundi=サルヴァトール・ムンディ)」には、ルネサンス時代イギリスの巨匠タリスと、20世紀イギリスの作曲家ハウエルズの同名の曲があわせられている。凝った企画盤をいくつも世に送り出している指揮者で音楽学者の才人ホリングワースの面目躍如となるアルバムと言えるだろう。イ・ファジョリーニの歌唱もすばらしく、ブックレットも美麗。ダ・ヴィンチの絵画を音楽で表現する画期的な内容は、レオナルド・ダ・ヴィンチ没後500年の記念の年にふさわしい一枚だ。(須田) 

  • ブリュッヘンの名演が山野楽器オリジナル仕様で復活!

    モーツァルト:レクイエム、他
    フランス・ブリュッヘン指揮18世紀オーケストラ、オランダ室内合唱団

    【GLOSSA】 GCDC81111Y 輸入盤国内仕様 山野楽器オリジナル日本語帯・日本語解説付

    今は亡き巨匠指揮者ブリュッヘンと18世紀オーケストラが、1998年の来日公演で取り上げたモーツァルトのレクイエムのライブ録音盤が、山野楽器オリジナル仕様盤として再登場!グレゴリオ聖歌が挿入される珍しい形式で、指揮者、ソリスト、合唱団、オーケストラが一体となった、美しく、そして感動的な名演奏だ。山野楽器オリジナル日本語解説は、当時のコンサートの模様をさまざまな証言で知ることのできる内容となっている。私も当時を思い起こして書かせていただいている。モーツァルト演奏史に残るこの伝説の名演奏をぜひお楽しみあれ!(須田)

  • レンブラント没後350年記念アルバム!

    レンブラントのためのプレイリスト
    ボブ・ファン・アスペレン(チェンバロ)

    【AEOLUS】 AE10164 輸入盤

    オランダの重鎮鍵盤奏者アスペレンによるレンブラント没後350年記念アルバム。レンブラントが活躍した時代にオランダで流れていた鍵盤音楽を集めた一枚で、演奏には、アムステルダム国立美術館所蔵の貴重なオリジナル・チェンバロを使用している。当時の彼が耳にしていたであろう音楽をレンブラントが活躍していたその時代に作られた楽器で聴けるまたとないアルバムで、レンブラントの絵画鑑賞のお供に最適!ちなみにジャケットは若き日の「乱れ髪の自画像」。CDを聴きながら、CDケースを飾っておくだけでも美術館で演奏会を聴いている雰囲気を味わえる贅沢な一枚だ。(須田) 

  • 最高の布陣によるブクステフーデの最高傑作!

    ブクステフーデ:連作カンタータ「我らがイエスの御身」
    フィリップ・ピエルロ指揮リチェルカール・コンソート

    【MIRARE】MIR444 輸入盤

    古楽界最高峰のアンサンブル、リチェルカール・コンソートがブクステフーデの最高傑作をついに録音!なんといっても参加メンバーが超豪華!コンサートマスターは、あの“バロック・ヴァイオリンの神様”エンリコ・ガッティ!もちろんアンサンブルを主宰するヴィオラ・ダ・ガンバの名手ピエルロも参加。その他のメンバーも名手ばかり。歌手もケオハネやメナといったリチェルカール・コンソートではおなじみの古楽系実力派歌手ばかり。このメンバーでブクステフーデの傑作が聴けるとは!演奏は言うまでもなく絶品で、神秘的な響きと痛ましい不協和音がなんとも美しく、この傑作のすばらしさを教えてくれる。古楽ファン必聴アルバム!(須田)

  • 新興レーベルからの興味深いクープラン・アルバム。

    フランソワ・クープラン:ルソン・ド・テネブル
    ジャン=フランソワ・ロンバール&ロマン・シャンピオン(オートコントル=ハイテナー)
    ジェローム・コレアス指揮レ・パラダン

    【EN PHASES】ENP004 輸入盤

    華やかで繊細なクラヴサン作品で知られるフランス・バロックの巨匠フランソワ・クープランであるが、「ルソン・ド・テネブル」は、それらとは一線を画すシンプルながら味わい深い宗教的声楽曲。通常は、女性やカウンターテナーによって歌われるが、ここではオートコントル(男性のハイテナー)によって歌われている。曲間には同じくクープランの「王宮のコンセール」からの楽曲が挿入され、当時の王侯貴族のサロン(または私的礼拝堂)などでの、ごく私的な礼拝兼音楽会を再現している。ハイテナーの二人の見事な歌唱と、器楽演奏陣の寄り添うような演奏も簡素ながら深みがあり、美しい。(須田)

※掲載商品のお問い合わせ、ご注文は、本店クラシックフロアまで TEL 03-3562-5051(代表)