銀座本店

PRODUCT

山野楽器おすすめ!SELMERクラリネットのご案内

パリ音楽院に学び、オペラ座管弦楽団やギャルド・レピュブリケーヌ吹奏楽団のクラリネット奏者を務めたヘンリー(アンリ)・セルマーは、1885年からリードの製造と調整を専門とするビジネスを始めました。
そして1904年、アメリカ・セントルイス万博に初めてクラリネットを出展し、金賞を獲得。メカニズムの正確さと、何よりもまず豊かな音色で、あっという間に世界を席巻しました。
そのスピリットを継承するSELMERクラリネットは、今日でも世界中のクラリネット奏者の心をとらえて離さないのです。アレッサンドロ・カルボナーレ氏や太田友香氏など、国内外のプロ奏者が愛してやまないセルマー・パリ社のさまざまなクラリネットを、ぜひあなたもご堪能ください。

【SELMERおすすめポイント♪】
■音域を問わず、豊かなサウンドで音程も◎
■音程が取りにくく、低音域に比べて響きが少なくなりがちな高音域も安定した吹き心地
■奏者が好みの音色を見つけられる個性豊かなラインアップ

 

  • Prologue -プロローグ-

    初めてのクラリネットをお探しの方に最適なモデル。ピッチが安定しにくいスロートトーンや最低音域の音色は、同価格帯の他ブランドモデルにくらべるとひときわ輝きを放っています。ベル先端の保護用リングは硬質ラバー製で取り換え可能!ブラックのほか、ゴールド、シルバー、レッド、ピンク、ミントの全6色が付属します(日本限定仕様)。

  • Presence -プレザンス-

    軽快な吹奏感と明るい音色を持ち、独奏はもちろん合奏のシーンでも活躍できそうなモデル。スロートトーンの音抜けと低音域のピッチの良さが際立っており、音がきつくなりがちな高音域でも安定した鳴りです。

  • Recital -レシタル-

    厳選された木材を贅沢に使った肉厚のボディが特徴的な1本。強い吹きごたえがあるので奏者にもパワーが求められますが、太く重厚なサウンドを全音域で体感することができます。深みのある豊かで温かい響き。高音域の音色や音程に難しさを感じている方に特におすすめのモデルです。

  • Signature -シグネチャー-

    深く包み込むような音色から、力強く輝かしい音色まで、自由で多彩な音楽表現を可能にする1本。楽器との一体感を味わえる、独特な吹奏感が魅力です。やや明るめののびやかな音色で、レガートがきれいにかかるので特にソロの場面では美しい旋律を奏でることができるでしょう。

  • Privilege -プリビレッジ-

    セルマー全モデルの中で最も大きい内径と、人間工学に基づいたキィや細めのベルといった独自のデザインを持つモデル。適度な抵抗感があり、響きを損なうことなく楽に鳴らせる楽器です。たくさん息を入れても音色や音程が乱れない安定性と、反応が良くさまざまな音楽にマッチするしなやかさを兼ね備えた1本。

  • 【楽器選びのポイント・1】
    まずはお店に来てご相談ください♪


    ご来店いただきますと、クラリネットに触れたり吹いたりすることができます。音を出したことがなくても大丈夫!スタッフが丁寧にお教えいたします。試奏用のマウスピースやリードはご用意しておりますが、すでにお持ちであればご持参ください。いつもと同じコンディションで吹いてみることがポイントです。

  • 【楽器選びのポイント・2】
    吹きやすさと可能性のバランスをチェックしましょう!


    特に楽器を始めたばかりの方は、軽くて吹きやすいクラリネットを選ばれる傾向があります。しかしながら、弱い息で楽に音が出れば必ずしもベストな楽器とは言い切れません。試奏したときに多少「吹くのが難しいな」と感じた楽器でも、上達し息のコントロールができてきた時に、あなたの理想の音色の楽器になることも大いにあり得ます。将来を見据えたクラリネット選びを心がけることが重要です。

  • 【楽器選びのポイント・3】
    個体差を選定しましょう!


    楽器には少なからず、1本1本の「個体差」があります。音色はもちろん響き方、吹奏感などはその個体独自が持つ個性でもあり、同一機種ならすべて同じというわけではありません。モデルが決まったら同じ機種をもう1本吹いてみましょう。「自分で選ぶ自信がない」という方のために、プロ奏者が同一モデル複数本から選び抜いた「選定品」もご用意しています。

【お問い合わせ】
銀座本店5F 管楽器フロア TEL:03-5250-1062

■最新情報はtwitterをチェック!→こちらから
■愛好家のためのメールマガジン”クラ♪なび”→こちらから