銀座本店 3F 楽譜フロア

PRODUCT

原典版と校訂版の違いについて

原典版と校訂版の違い
 
原典版とは

実際に作曲家が譜面に書いたことを、作曲家の意図を推しはかり研究された楽譜のことを原典版と言い、数々の資料批判作業を経て作られるので批判校訂版とも言われています。そのため、原典版は作曲家の考えが一番楽譜に反映されている楽譜だと言えます。よく使用されている原典版は、ヘンレ版、ベーレンライター版、ウィーン原典版などです。曲を忠実に演奏したいというときには演奏家はこの楽譜を使うことが多いです。
初めて練習を行う曲があれば、まずはこの原典版からチェックするといいです。原典版で練習をする上で校訂版を練習すると、より良い演奏をすることができます。まずは、作曲家の考えをきちんと汲み取るためにも原典版を見ておくとより研究できます。
 
校訂版とは

学者や演奏家などの専門家が、より良い演奏が実現出来るように書き換えた楽譜のことを校訂版と言います。どの範囲を一つのフレーズとして演奏するか、演奏するときの表現(fp)をどのように行うかなど、演奏に関わるさまざまな指示を書き加えた楽譜です。よく使用される校訂版は、全音楽譜出版社、春秋社、エキエル版、パデレフスキ版、コルトー版、ブゾーニ版などございます。校訂版は演奏する上で役立つ指示が加わっているので、表現力を高めたいというときに役立ちます。また曲について詳しく学びたいというときも、校訂版を活用するとより一層深く知ることができます。
 
下記各原典版について解説します。
 

  • 【ヘンレ原典版ついて】
    ギュンター・ヘンレが1948年に設立した出版社。
    ヘンレ版は、「ヘンレ・ブルー」と呼ばれるグレーがかった青が特徴の楽譜です。
    自筆譜や初版など、研究家や著名な専門家による研究をかさね編纂され、もっともオリジナルに忠実な版であり、作曲家自身の意図を残した信頼できる原典版です。

    ヘンレ版の特徴は、
    メトロノーム記号、ペダル記号、スラー、アーティキュレーションなど作曲家自
    身が記譜したと判断するもの以外は勝手に付け加えられていません。

    実際の演奏で、著名な演奏家による最適な運指、ボーイングを採用しています。

    ドイツ語、英語、フランス語の3か国語による序文で短い作品紹介や解説、校訂における情報源(出典)の記載や校訂報告を添付しています。

    楽譜が反射しないようクリーム色の印刷紙を使用しています。

    視覚的にわかるよう音符の間隔や読みやすい彫版、レイアウトを構成しています。

  • 【ベーレンライター原典版について】
    ベーレンライター社の楽譜は作曲家ごとに表紙の色が異なりコレクターも多いです。
    合唱作品や弦楽作品、音楽辞典、作曲家別全集、またバロックから近代作品までさまざまな作品の新たな原典版の出版など幅広く手がけています。草稿(スケッチ)、手紙、自筆譜、手稿譜(作曲家本人以外の筆跡による手写譜)、校正刷り、初版、初版に自筆の校正が書き加えられたものや、現存するありとあらゆる源泉資料を厳密に評価しながら編集しています。2000年に完成したジョナサン・デル・マー氏編纂の新ベートーヴェン交響曲全集が、ラトル指揮ベルリン・フィルなど世界の名オーケストラに取り上げられて話題になりました。 近年は現代作品の出版・普及にも力をいれています。ベーレンライターは楽譜が実際の演奏に適した状態であることにも重きを置いています。演奏家の実践的なニーズを満たす気くばりで、使い込むほどに信頼感の深まるつくりを目指しています。

    ベーレンライター版の特徴は、
    作曲者の意図に限りなく近い楽譜を提示しています。

    あらゆる資料を学術的に調査したうえで編集する批判校訂版のみを“Urtext”(ウアテクスト)と表記しています。

    楽譜のスペシャリストが丹念な資料調査を繰り返し、音高、強弱記号やアーティキュレーションの間違いなどを指摘しています。

    見やすい譜面と洗練されたデザインでドイツ製ならではの気品ある仕上がりです。

  • 【ウィーン原典版について】
    ウィーン原典版は、第一線の音楽学者と名演奏家の共同作業から生まれた理想的な楽譜となっています。ユニヴァーサル社とショット社、音楽之友社が提携し、1973年より日本語版を刊行しています。作曲家の自筆譜や筆写譜、初版本、版下などを比較検討し、確実な出典に基づいて校訂・編集され、アシュケナージやエッシェンバッハ、クレーメル、ゲルバー、ブレンデルといった世界的な演奏家が、運指や解説を加えています。単に正確なだけではなく、作曲家の意図がより深く理解でき、演奏に適した楽譜がウィーン原典版です。

    ウィーン原典版は、
    目立つ赤が表紙の楽譜です。

  • 【ペータース版について】
    ペータース社は、1800年にドイツのライプツィヒで創業を始めたとても歴史のある出版社です。バッハ一族やメンデルスゾーン、グリーグとも深い繋がりがあり、当時の作曲家たちと直接やり取りをしていた老舗中の老舗出版社です。
    ピアノ演奏者、学習者にお馴染みの「原典版」をこの世に最初に送り出したのもペータース社と言われています。

    ペータース版は、
    黄色に黄緑の装飾の枠のデザインです。