銀座本店 6F ピアノフロア

TOPICS

世界三大ピアノコラム1:なぜ世界三大ピアノが注目されるの?

技術の歴史/音楽史での役割

技術の歴史

約300年前に、イタリア人楽器製作者「クリストフォリ」が発明したピアノの原型、ドイツで改良されオーストリアとドイツに渡り、欧米のピアノ技術者たちが材料、設計、部品を工夫しさまざまな新技術を生み出し、現代ピアノの流派を生みました。世界三大ピアノと言われる由縁は、こうした歴史からもその貴重さを感じることができます。

音楽史での役割

楽器の性能の向上はロマン派の作曲家たちの創作意欲を掻き立て、今日に偉大な名曲を残しました。音楽史の上で当時のピアノ作品が、古典派に比べ音域の拡大や高度な演奏技術が盛り込まれるようになりました。それによりピアノ1台で、まるでオーケストラのような多彩な表現になりました。ピアノ発達の歴史において、作曲家とピアノメーカーを切り離すことはできません。

文化との結びつき

西洋文化と音楽の結びつきは、讃美歌や礼拝の時など日常生活の一部に根付いています。 宮廷音楽から市民階層へ音楽が生活に浸透するようになり、老若男女がクラシック音楽を楽しむ姿は、ヨーロッパが生んだ音楽の歴史を彷彿とさせます。 日本の風土で生まれた和楽器や伝統文化の発声と、乾燥した風土で響きが豊かな建物が多いヨーロッパでの発音や発声は大きく異なり、音への感性はこのような気候からも違いがはっきりとします。 ヨーロッパの風土と音楽の文化を知ることで、三大ピアノが歩んだ紆余曲折の歴史が音色として表現されています。

輸入ピアノコラム

1-1 世界三大ピアノコラム1:なぜ世界三大ピアノが注目されるの?
1-2 世界三大ピアノコラム2:なぜ値段が高いの?
1-3 世界三大ピアノコラム3:練習用に使うのはもったいない気がする?

 

ベーゼンドルファー特集

2-1 世界三大ピアノ|ベーゼンドルファーとは
2-2 世界三大ピアノ|ピアニストを魅了するベーゼンドルファー
2-3 世界三大ピアノ|ベーゼンドルファーお薦めモデル ラインアップ

 

ベヒシュタイン特集

3-1 世界三大ピアノ|ベヒシュタインとは
3-2 世界三大ピアノ|ベヒシュタインの響きに魅せられて
3-3 世界三大ピアノ|ベヒシュタイン お薦めモデル マイスターピース ラインアップ

 

スタインウェイ

4-1 世界三大ピアノ|スタインウェイ&サンズとは
4-2 世界三大ピアノ|スタインウェイ 無限の可能性を秘めて
4-3 世界三大ピアノ|スタインウェイ ラインアップ



関連動画
スタインウェイ | ベーゼンドルファー | ヤマハの違いが聴こえますか?
https://www.youtube.com/watch?v=FL81a7rnD0g