銀座本店 7F イベントスペース JamSpot

TOPICS

今月の必聴傾聴盤

銀座本店 クラシックフロア スタッフが選んだ “今月の必聴傾聴盤” (2018/7/12更新)


鬼才パンドルフォによる古楽演奏史に残る名盤復活!

マラン・マレ:「迷路の園」と色とりどりの物語~ヴィオール曲集

パオロ・パンドルフォ(ヴィオラ・ダ・ガンバ)、他

【 GLOSSA/東京エムプラス/山野楽器】 GCDC80404Y 輸入盤国内仕様日本語解説付き
 
 マラン・マレといえば華やかなりしフランス・バロック時代の宮廷で活躍したヴィオール(ヴィオラ・ダ・ガンバ)奏者。数多くのヴィオール曲を残したが、その作品の演奏は、フランス・バロックのイメージそのままに、優美なものが多かった。しかし、1999年に録音された鬼才ヴィオラ・ダ・ガンバ奏者パオロ・パンドルフォによるマレの作品集「迷路の園と色とりどりの物語」は、そうしたイメージを覆す衝撃的な内容だった。マレの作品の中から、特に個性的な作品をピックアップし、その作品の性格を強調する表現主義的な演奏を披露。これまでのフランス・バロック然とした、華やかな優美さとは一線を画す演奏を示し、それまでのマレの作曲家としてのイメージを一新したのであった。まさに迷宮に迷い込んだような目眩を引き起こす「迷路の園」、マレ自身の、麻酔なしで手術したという壮絶な実体験を痛々しく表現した奇作「膀胱結石切開手術の図」など、聴きごたえ満点。待望の復活を遂げた古楽演奏史に残るこの名演、山野楽器では限定で日本語解説付きでご提供!ぜひお手元に!(須田)
 

  • 暗闇で聴くシャルパンティエの優しい音楽!

    シャルパンティエ:ルソン・ド・テネブル

    ジョナサン・コーエン指揮アルカンジェロ

    ステファン・ドゥグー(バリトン)サミュエル・ボーデン(テノール)

    【HYPERION】 CDA68171 輸入盤


     ルソン・ド・テネブルは聖週間の朝課(実際には真夜中に行われる)の礼拝の際に歌われる教会音楽。旧約聖書のエレミア書の有名なテキストを歌詞とし、暗闇の中で蝋燭の火を消しながら歌われる内省的な音楽だ。ルソン・ド・テネブル(直訳すれば暗闇のお務め)は、シンプルながらしっとりとした旋律が印象的。派手で豪奢な印象の強いフランス・バロックの音楽の中では異色の分野で、フランソワ・クープランやドラランドなど有名な作曲家がすばらしい作品を残している。シャルパンティエもその一人で、数多くのルソン・ド・テネブルを残した。どれもシャルパンティエ特有の柔らかで優しい旋律が特徴で、シンプルな作品ながら思わずじっくりと聴き入ってしまう魅力を持っている。イギリスの若き天才ジョナサン・コーエン率いる気鋭のアンサンブル、アルカンジェロは、フランス系の実力派歌手を迎え、シャルパンティエの聖水曜日のルソン・ド・テネブルを録音。優しい暗闇の時間を提供してくれる。カップリングの「聖母マリアの連祷」「マニフィカト」もすばらしい曲なので、ぜひルソン・ド・テネブルとともに楽しんでほしい。お部屋で聴かれる時は、ぜひ明りを消してお楽しみあれ!(須田)

  • オーストリアの実力派ヴォーカルグループ ド・ラリューを歌う!

    ピエール・ド・ラリュー:ミサ曲集

    ビューティ・ファーム

    【fra bernardo】 FB1800751(2CD) 輸入盤



     ビューティ・ファームはオーストリアのマウエルバッハにあるカルトジオ会修道院での歌唱を行うために2014年に結成されたルネサンス時代のフランドル楽派専門のヴォーカル・グループ。かつてORF(オーストリア放送協会)のレーベルでやはりフランドル楽派の音楽を専門に録音していたイギリスのベテラン古楽系歌手を中心とした超優秀ヴォーカルグループ、ザ・サウンド・アンド・フューリーを継承するグループで、そこにも参加していたドイツの古楽録音シーンで大活躍のテノール歌手ハンス・イェルク・マンメルもメンバーとして名を連ねている。ビューティ・ファームの実力も先輩グループに負けず劣らず高く、フランドル楽派の高度な作曲技法が盛り込まれた作品群を見事に歌いこなしている。そんな彼らがフランドル楽派の巨匠のひとり、ピエール・ド・ラリューのミサ曲を録音した。ド・ラリューは名前こそ有名なものの、その生涯については、他の有名なフランドル楽派の作曲家ほどには分かっておらず、作品の録音もそれほど進んでいないという現状の中で、この録音は大変貴重。しかも全曲世界初録音だというのだから、フランドル楽派のファン、ルネサンス音楽ファンにはまたとない贈り物となるだろう。もちろん歌唱も卓越しており、高度な作曲技法の中にもどこか優しさや柔らかさを持つド・ラリューの作風を見事に表現している。謎めいたタイトルを持つ「ミサ・アルマナ」、キリスト教の聖人であるアントニウスに捧げられた「聖アントニウスのミサ」、憂いのある「ミサ『すべての悲しみよ』」、クリスマスのあたたかな雰囲気を感じられる「ミサ『我らのために生まれ給いし』」と異なる4曲の個性を楽しめるのもうれしい。ド・ラリューの作曲家像を広げる名演だ。(須田)

  • マルチな才能を持つ鬼才エガーによるバード!

    ウィリアム・バード:「掌中の鳥」~チェンバロ作品集

    リチャード・エガー(チェンバロ)

    【LINN】 CKD518 輸入盤



    20代から積極的な録音活動を行い、現在では鍵盤奏者として以外にも、著名な音楽学者兼楽譜校訂者、オーケストラの指揮者としても八面六臂の大活躍をするマルチアーティスト、リチャード・エガー。鍵盤奏者としての彼のすごさは、綿密な研究に基づきながらも極めて自由な発想による即興的装飾に端的に表れている。彼の演奏には、実に説得力あふれるファンタジーという矛盾した要素が自然と同居しているのだ。この新録音であるウィリアム・バードのチェンバロ作品集もまさにそうしたすごみを持っている。シンプルな美しさを持つバードの鍵盤作品は、ともすると単調な音楽になってしまいがちなのだが、エガーの即興的装飾を自然と加えた演奏で聴けば、その音楽が、たった今、眼前で生まれ出てくるような新鮮さを獲得するのだ。「掌中の鳥」の副題が示すように、作曲家バード(Byrd)の名をもじった鳥(Bird)の絵画が表紙だけでなくブックレットやケースにまで用いられているのも一興。イギリス・ルネサンスの鍵盤音楽を現代の音楽として楽しめる格好の一枚だ。(須田)

  • 古楽界の至宝ソプラノ歌手が歌うヘンデル&ヴィヴァルディ!

    ヴィヴァルディ/ヘンデル:宗教的独唱作品集

    グレイス・デイヴィッドソン(ソプラノ)

    ジョセフ・クラウチ指揮アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージック

    【SIGNUM】 SIGCD537 輸入盤



    世界最高峰の合唱団ザ・シックスティーンでエリン・マナハン・トーマスとともにソプラノツートップを務め、多くのファンを魅了しているグレイス・デイヴィッドソンのソロアルバムが登場!ヘンデルとヴィヴァルディの宗教的独唱作品集で、ヘンデルの名作「風よ静まれ」や、近年発見された「グローリア」、憂いのある「サルヴェ・レジナ」、そしてヴィヴァルディの名作「この世に平穏な場所などなく」と名作ばかりそろえた、デイヴィッドソンの極上の美声が映える選曲となっている。共演の老舗ピリオド楽器オーケストラ、アカデミー・オブ・エンシェント・ミュージックには、“レイチェル・ポッジャーの右腕”ボヤン・チチッチや、“リュートの大御所”ヤコブ・リンドベルイら名手たちが参加。卓越した合奏能力でデイヴィッドソンを好サポート。また、抜群のアコースティックな音響を誇る場所での録音は、デイヴィッドソンの美声を見事に響かせ、まさに「天上の美」と言える歌唱をとらえている。古楽界の至宝ソプラノに魅了される一枚だ。(須田)

オンラインショップでは掲載している輸入盤のお取り扱いはございません。