銀座本店 5F フルートサロン

TOPICS

バーカート/ブランネン/トマジフルートフェア

フルートの聖地アメリカ ボストンで製作されているハンドメイドブランド【バーカートフルート&ピッコロ】
同じくボストンでフルート界のトップメーカーとされている【ブランネンフルート】
そして、音楽の都ウィーンにて生み出された【トマジフルート】
世界を代表する3つの輸入ブランドの魅力をこの機会に存分にご堪能ください。



ハイテクノロジーとハンドメイドクラフトの融合「バーカート」
  
アメリカ ボストンに工房を構える、バーカート=フェラン社。
創設者であり製作家でもあるリリアン・バーカート氏の製作スタイルは、自ら吹きながら、製作を進めるというもので、その技術力は高く評価されています。
またジェームズ・フェラン氏のたぐいまれな工学知識を取り入れた設計技術は他の製作家からも定評があり、まさにハイテクノロジーとハンドクラフト技術が融合されて生まれたと言えるのがバーカートフルート&ピッコロなのです。


フルート界のトップメーカー「ブランネン」

  
ブランネンブラザース社はアメリカ、ボストンに工房を構えるフルート界のトップメーカーです。
伝統あるパウエルフルートの工場長を務めてきたビックフォード・ブランネン氏が1977年に同社を退職し、前身となるブランネン社が設立されました。
後に実弟であるロバート・ブランネン氏が加わり現ブランネン・ブラザース社が誕生しました。

ブランネンフルートは、クーパースケールを採用した正確な音程、ブローガーシステムによる快適なキィアクション、そして熟練した技術者によって施された頭部管。程よい抵抗感をもち、深くしっかりとした音色とパワフルさを兼ね備えた、まさにパーフェクトなフルートです。


音楽の都ウィーン生まれの「トマジ」
 
1955年チロルリエンツに生まれ、7歳よりフルートを始める。
18歳よりインスブルックの大学で学び、その後ウィーンアカデミー(現大学)でフルートを専攻。在学中にはウィーンフィルハーモニー主宰のWanas賞一等を獲得するなど、演奏者としてその才能をいかんなく発揮。
1986年以降、ウィーンの音のスタイル研究のためにウィーンアカデミーと共にフルートの構造に関するプロジェクトを遂行。
現在ウィーンにて工房兼ショップを営む。フルート奏者として、また学者としての両面から、多くの奏者が求めることや問題点を理解し、製作に力を注いでいる。
 
トマジフルートは、こだわり尽くした設計技術とトマジ氏自身が制作する頭部管によって、ローコストでありながら、魅力ある美しい響きを生み出します。
特に、木製リッププレートのモデルは、独特な木管の甘い響きをもち、プロフルーティストからも高い評価を得ているモデルです。
またトマジ頭部管はウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のワルター・アウアー氏も使用しています。

※当日の展示モデルにつきましては、お問い合わせください。

フルートだけでなく、ピッコロや頭部管も展示予定!
バーカート/ブランネン/トマジフェアにご期待ください!
バーカートフルート/ピッコロ、ブランネンフルート/トマジフルートをお持ちのお客さまは、10月13日(日)に実施する無料調整会もぜひご利用ください♪


※調整会はご予約制となっております。詳しくはこちら>>>

ヤマノフルートフェスティバル2019のページはこちら>>>