社会人ヤマノ・ビッグバンド・ジャズ・フェスティバル 社会人ヤマノ・ビッグバンド・ジャズ・フェスティバル

岡崎好朗 (おかざき よしろう) ジャズトランペッター

岡崎好朗

1971年4月27日生まれ。東京都江東区出身。 12歳からトランペットを始め中学生のときに観た”ベニーグッドマン物語”に影響されジャズを聴き始め、17歳でジャズを演奏し始める。五十嵐一生、村田浩に師事する。1990年の夏にBerklee In Japan セミナーに参加して奨学金を獲得して、1991年9月にボストンにあるBerklee College of Musicに留学する。 1994年同校パフォーマンス科を卒業。 2003年8月21日に、自己のQuintet"OKAZAKI BROTHERS"(ts:岡崎正典・p:三木成能・b:上村信・ds:吉岡大輔)でデビューアルバム"HANK'S MOOD"をイーストワークスエンターテイメントより発売。 2005年5月よりNYに拠点を移し、同年12月にアーティストビザ取得。 渡米中は多くのジャズクラブ(Blue Note,Birdland,Dizzy's club coca-cola,Iridium,Sweet Rhythm,Kitano等)で演奏し、Mingus Bigband,Mingus Dynasty,Velery Ponomarev Bigband,小曽根真 No Name Horses等で活躍。 2008年9月NYから東京に拠点を戻し、ライブ、コンサート、レコーディングなどで活躍中。

吉田治(よしだ おさむ) サックス奏者&作・編曲家

吉田治

1961年6月24日生まれ。福岡県飯塚市出身。 高校に入学と同時にブラスバンド部に入部し、サックスを手にする。高校一年生の時サックス四重奏で第一回全日本アンサンブルコンテストで最優秀金賞を獲得。 その後、早稲田大学に進学し、ジャズビッグバンドの名門「ハイソサイエティ・オーケストラ」に入部した事がきっかけでプロミュージシャンになる。 シャープス・アンド・フラッツ、ニューハード、ゲイスターズ などのビッグバンドを経て1992年からフリーランスとなる。その後、さまざまなアーティスト(Dreams Come True,Southern All Stars,桑田佳祐,椎名林檎,ゴダイゴなど)の サポートミュージシャンとしてコンサートツアーに参加したり、レコーディングミュージシャンとして通算500枚以上のCDのレコーディングセッションに参加する。 その一方で、ジャズミュージシャンとしても幅広くライブ活動を行っている。1996年のヤマハ・ジャズ・フェスティバルでは、穐吉敏子スペシャル・オーケストラのリードアルトサックスとして参加、また同じ年の12月から現在まで、渡辺貞夫ビッグ・バンドのリードアルトサックスを担当し、昨年9月「東京JAZZ」に出演、同じく11月には、Dave Gruisin Big Bandの日本ツアーにも参加。 リーダーを務めた「BATTLE JAZZ BIGBAND」では3枚のCDをソニーからリリースし、2012年のヤマハジャズフェスティバルに同バンドで参加。アルバムのオリジナルアレンジも出版し、作・編曲家としても活動する。

※五十音順


社会人ヤマノ・ビッグバンド・ジャズ・フェスティバル 2019にコメントをいただきました。


2015年の模様 | 2017年の模様