セール/キャンペーン SALE / CAMPAIGN

SALE

グランドピアノフェア

日時'19/12/28(土)~'20/03/15(日)

【会場】銀座本店 6Fピアノフロア

こだわりの音色の輸入ピアノから、安定の品質と幅広いラインアップのヤマハグランドピアノまで、長く安心してお弾きいただける1台をお選びいただけますよう、専門スタッフがお手伝いいたします。

【イベント情報】
1月25日(土)、26日(日)「世界三大ピアノ特別試弾会」 有料・要予約
詳しくはこちら>>
2月15日(土)、16日(日)、3月7日(土)、8日(日)「ヤマハC3X,C5X特別選定会」 無料・要予約
1月12日(日)、13日(月・祝)、2月15日(土)、16日(日)「防音体験会」 無料・要予約
詳しくはこちら>>

【キャンペーン情報】
「グランドピアノご成約の方 ご成約特典」
 ピアノフルカバー、高低自在椅子(ベンチ型、または背もたれ式)、お手入れセット、納入後点検調律1回

「ピアノ+防音室 プレゼントキャンペーン」
 ヤマハ対象製品をご成約の方に、豪華カタログギフトを進呈(2月29日まで)

  • 特徴1 グランドピアノのタッチはなぜ違う?
    鍵盤とハンマーの位置関係に注目!
    「グランドピアノは鍵盤とハンマーが平行関係」
    「アップライトピアノは鍵盤とハンマーが垂直関係」
    平行関係にあるグランドピアノは、重力によりハンマーがすぐに落ちるため、素早く次の打弦態勢に入れます。そのため、細かなタッチや繊細な連打がしやすいのです。

  • 特徴2 グランドピアノはなぜ響きが違うの?
    響板の形に注目!
    ピアノは弦の長さに応じて響板を作るのが理想です。
    響板そのものがグランドピアノの形をしていれば、弦の振動を最も効率良く伝えることができます。アップライトピアノは、スペースが優先されるため、
    箱型という制限のある響板形成になります。

  • グランドピアノの奥行きの違いはなに?
    「弦」「響板」「鍵盤」に注目
    奥行きが長くなれば、弦の長さ、響板の面積、鍵盤の長さと比例します。長くなることで、表現力、音色、響きが演奏者のイメージに近づきます。タッチ感も繊細な表現まで鍵盤が反応することで、弾き心地は抜群に向上します。

  • 古くなると維持するのが大変な理由①
    思い入れもあり、大切な楽器。調律の回数が増えたり、ランニングコストが掛かってきたら、調律師に相談してみましょう。ハンマーと弦の激しい動きは、鍵盤やアクションの各部分に摩擦消耗が発生する原因となります。

  • 古くなると維持するのが大変な理由②
    鍵盤1つに対して2~3本の弦を持ち、弦の総数は約230本。その一端はヒッチピンという鉄骨の一部に固定、反対側はチューニングピンに巻きつけ張力の強弱を加減して、音の高さを調整しています。他の楽器とはまったく異なる性質です。

  • 古くなると維持するのが大変な理由③
    弦は強靭な鋼鉄製。楽器全体にかかる総張力は20トンを超え、この力の相当な部分は響版にかかり、大きな振動を受け続けているため、ピアノ全体で数十年という月日で大きな試練を受けています。

Q&Aコーナー 専門スタッフが、よくあるご質問にお答えします

ご質問1「愛用してるピアノがあるのですが、修理をすれば新品のようになるのかしら?修理代はいくらぐらい?

ピアノ技術者がお答えします。
ピアノに使われる部品は経年劣化などで、使用しなくても下降期が必ず訪れます。調律の回数が多くなったときも要注意!チューニングピンには、弦がしっかりと張っているが、強い張力に負けてしまえば、音は即座に狂ってしまいます。ピンが下のピン板にしっかり打ち込まれているか、この板がピンを長時間しっかり保持する力があるかどうかも、限界と判断する境界線となります。

弦やハンマーのように衝撃を受けている部分、鍵盤の周囲に使用されてる羊毛など、摩擦進行の早い部分は交換しても、長年の環境から受けた湿気や乾燥などの影響で、ケースや響板が変化していることも多いため、新品のようには生まれ変われないのです。

また、高精度の修理には特殊作業や設備、メーカー純正部品を必要とするため、ヤマハピアノでも新品ピアノの価格予算になることも多いのです。また、昔は数多く存在したピアノメーカーも廃業したケースも多く、純正部品を入手できないことから修理不可能な場合もあります。



ご質問2「防音は周りへの配慮のために行ったほうが良いのですか?」

防音専門スタッフがお答えします。
お住まいの環境、近隣の方の生活スタイル、ご自身の練習スタイルによって防音の準備はさまざまです。防音室を設置検討される方は近隣に対してだけではなく、家族内での音の対策として考えられる方が多くいらっしゃいます。
実際に設置していただいた方にお話しを伺うと、当初は騒音対策としての考えで始めたことが、なによりご自身がピアノの音に集中して練習できるようになり、練習時間も効率的で、練習の質は上がったというお声を多く頂戴します。

ヤマハのアビテックスは楽器メーカーが培った響きのノウハウを生かし、遮音性能だけはなく、楽器本来の美しい響きを損なわないように設計されています。まわりに気兼ねなく練習できる環境こそが、上達への近道です!

ご質問3「お支払い方法はどのような取り扱いがありますか?

フロアスタッフがお答えします。
現金、クレジットカード、各種ショッピングローンのお取り扱いがございます。購入するか迷っている方には、「残価据置型クレジット」がお薦めです。金利は0%で、予め4年後の残価を据え置いて、クレジットを組むことができるので、例えばコンパクトサイズのピアノなら、月々14,500円~レンタル気分でグランドピアノをお持ちいただくことができます。
 上手になってからピアノを買い替えていく方法もありますが、早めにグランドピアノで練習を始めることで、練習時のピアノへのアプローチは飛躍的に変わるため、上手になるためにグランドピアノは重要な条件となると思います。ぜひ、初期投資を抑える支払い方法もございますので、皆さまのライフスタイルに合わせてご提案させていただきます。



グランドピアノページはこちら>>

防音室ページはこちら>>