ヴァイオリン VIOLIN

はじめてのヴァイオリン
楽器選びのポイント POINT

POINT 1 目的と希望を決める

まずは最初にお決めいただくことは、一番どのようなヴァイオリンが弾きたいか、そしてどのような目的でご購入されるかでしょう。どのようなことでもかまいません。昔から憧れていた、オーケストラで弾いてみたい、学校の部活で弾く、こういう色のヴァイオリンがいい、ストラディヴァリのモデルが欲しい、イタリア・クレモナの楽器が欲しい!などなど。
まずはこれという希望、目的を決めましょう、そうすることで数多くの選択肢が出てきます。そしてその希望をできる限り叶えるヴァイオリンに出会えるよう、私たちがサポートさせていただきます。

POINT 2 目安となるご予算を決める

お買い物ですからだいたいのご予算を決めましょう。どんなに希望通りの作品と出会えてもそれがご予算と離れてしまっていると、お買い求めになることは、かなり難しくなります。
楽器本体だけでなく、初めてのヴァイオリンご購入となれば弓やケースも必要です。セットでだいたいいくらまでなら、というご予算は大切です。お求めの際にはこんな楽器が弾きたいという希望とだいたいのご予算を考え、ご相談されると良いと思います。またお客さまの目的や用途に合わせてさまざまな価格帯をご提案させていただきます。

POINT 3 良い楽器が早い上達につながる

弦楽器のお値段の幅は、数万円から数十億円まで果てしなく広いです。それは製作者であったり材料、木材の良し悪しで音の良さ、弾きやすさも変わってきます。そして弦楽器は良い楽器をもったほうが上達は早いと言われています。楽器の響きが演奏をサポートしてくれるので、弾きやすくもありますし、何より音色を楽しむために始める楽器ですから、自分の気に入った音のする楽器をお選びになることをお勧めいたします。
将来の自分を見据えて、末永くお付き合いしていく楽器をぜひお選びください。

必要なアクセサリー ACCESSORIES

ケース

ヴァイオリンケースの形状には、大きくは「丸型ケース」と「角型ケース」に分類されます。また材質もさまざまで、現在ではカーボン系が人気です。さまざまな色や形がありバリエーションも楽しめます。

肩当て

肩当を装着するとバイオリンを楽に安定して構えることができます。特に初心者にとっては必需品と言ってもいいほど、ほとんどの人が使われます。

松脂

音を出すためには弓の毛に松脂を十分に塗る必要があります。弓毛のキューティクルの凸凹に松脂を塗ることにより、細かいギザギザが無数にでき、弦を弾き音を出すことができるというものです。

チューナー

楽器の音程を確認できる電子機器です。内蔵マイクから音を拾い、音程を判定して画面に表示されます。その表示を確認しながら、各弦の音程をそれぞれE(ミ)・A(ラ)・D(レ)・G(ソ)に合わせます。