トランペット TRUMPET

はじめてのトランペット
楽器選びのポイント POINT

POINT 1 材質の違いについて

トランペットなどの金管楽器は主に真鍮で造られており、真鍮は銅と亜鉛の合金でできています。この2つを混ぜ合わせる比率により音色に変化が生まれます。
大きく分けると明るくクリアな音色のイエローブラスと柔らかく豊かな音色のゴールドブラスの2種類になります。まず、材質の違いを比較してみてはいかがでしょうか。詳しくは楽器TOP参照

POINT 2 仕上げの違いについて

楽器の見た目も楽器選びの重要なポイントになってきます。表面の仕上げ(塗装)には種類があり、金や銀のトランペットを目にしたことがあるかと思います。その種類はラッカー仕上げ、銀メッキ仕上げ、金メッキ仕上げの3種類に分けることができ、仕上げによっても音色に違いがでてきます。ラッカー仕上げは音の立ち上がりがよくクリアな音色、銀メッキ仕上げは豊かな広がりのある音色、金メッキ仕上げは豊かな響きときらびやかな音色が特徴としてあげられます。

POINT 3 試奏について

はじめて楽器を選ぶ際は実際に音を出して選んでみてください。
材質や仕上げ、各メーカーによって音色や吹き心地が異なってきます。比較して迷った際は音階やフレーズなどを同じようにそれぞれ試してみてください。吹きやすいものや音が出しやすいものがわかりやすくなってきます。また、はじめたばかりで音が出なくても大丈夫です。スタッフが出した音を聴き比べて選んでいただくこともできます。

POINT 4 選定品について

楽器の製造には手作業で行われる部分も多く、同じモデル内でも若干の個体差があります。選定品とは、プロのプレイヤーが同じモデルを複数本吹き比べ、吹奏感や響き、音程などをチェックし優れているとされ選ばれたものです。何を選んでいいか悩んだり、迷ったりした際は、はじめての方でも安心してお使いいただける選定品にしてみてはいかがでしょうか。

必要なアクセサリー ACCESSORIES

マウスピース

トランペットを演奏するには欠かせないのがマウスピースです。
楽器に付属していることほとんどですが、サイズやカップの深さなどさまざまな種類が存在します。

バルブオイル

ピストンバルブをスムーズに動かすための潤滑油です。
演奏の前や後にこまめに注すことで快適にピストンを操作することができます。

スライドグリス

主に主管抜差、第2番抜差に使用します。
抜差管の動きを滑らかにし、楽器の気密性を保つことができます。

チューニングスライドオイル

第1、3番抜差に使用します。
演奏中に音程をコントールする抜差管用のオイルで、気密性を保ちながらスライドを素早く抜差しするために使用します。

クロス

楽器の表面についたほこりや汚れを拭き取ります。
汗や指紋を拭き取ることで、くすみや変色を防止にも役立ちます。

スワブ

マウスパイプ、各抜差管に使用します。
管内の水分や汚れを拭き取ることができ、管内を清潔に保ち、腐食の防止になります。

チューナー

チューナーは音程を確認するために使用します。
また、音を鳴らし聴きながら音程をあわせることも可能です。

楽器専門店 SHOP