トロンボーン TROMBONE

はじめてのトロンボーン
楽器選びのポイント POINT

POINT 1 ジャンルによる違い

トロンボーンは演奏するジャンルにより、主に使用する楽器が異なります。
近年の吹奏楽、オーケストラではほとんどがF管ロータリー付きのテナーバストロンボーンが使用されます。また、ビッグバンドなどジャズの世界ではテナートロンボーン。
ジャンルに関係なくトロンボーンパートのなかでも低音部を受けもつ場合はバストロンボーン。
まずはご自身が演奏したいジャンルなどで選ぶトロンボーンの種類を楽器の種類ページで決めましょう。

POINT 2 価格による違い

お手ごろ価格で手にできる楽器は比較的、初めての方でも鳴らしやすく、吹きやすい設計になっています。それに対し、値段が高くなるにつれ、製造の手間も加わり、吹き応えのある、響きが豊かになっていく傾向にあります。

POINT 3 材質の違いについて

トロンボーンのベルは主に真鍮で造られており、真鍮は銅と亜鉛の合金でできています。この2つを混ぜ合わせる比率により音色に変化が生まれます。
大きく分けると明るくクリアな音色のイエローブラスと柔らかく豊かな音色のゴールドブラスの2種類になります。まず、材質の違いを比較してみてはいかがでしょうか。詳しくは楽器TOP参照

POINT 4 選定品について

楽器の製造には手作業で行われる部分も多く、同じモデル内でも若干の個体差があります。選定品とは、プロのプレイヤーが同じモデルを複数本吹き比べ、吹奏感や響き、音程などをチェックし優れているとされ選ばれたものです。何を選んでいいか悩んだり、迷ったりした際は、はじめての方でも安心してお使いいただける選定品にしてみてはいかがでしょうか。

必要なアクセサリー ACCESSORIES

マウスピース

トロンボーンを演奏するには欠かせないのがマウスピースです。
楽器に付属していることほとんどですが、サイズやカップの深さなどさまざまな種類が存在します。

スライドオイル(クリーム)

スライドをスムーズに動かすための潤滑剤です。演奏前に塗ることで快適なスライドワークを得ることができます。

ウォータースプレー

スライドオイルやスライドクリームと一緒に使用します。中に水を入れてスライドに吹き付けます。

スワブ、クリーニングロッド

演奏後、管内の水分を取り除くのに使用します。汚れや錆の防止に役立ちます。

スライドグリス

主管抜差やF抜差などに使用します。楽器の気密性を保ちつつ、抜差管の動きを滑らかにします。

ローターオイル(ロータリー付きトロンボーン)

ロータリー内部に注油することでロータリーの動きを滑らかにするとともに錆から守ります。

ロータースピンドルオイル(ロータリー付きトロンボーン)

ロータリーの軸受け部分に注油します。滑らかなロータリーの動きを維持するのに欠かせません。

チューナー

チューナーは音程を確認するために使用します。
また、音を鳴らし聴きながら音程をあわせることも可能です。

楽器専門店 SHOP