サックス SAX

リペア / メンテナンス
サックスのお手入れ CARE

楽器を吹いたあとには、楽器のお手入れをしてからケースにしまいましょう。

まずは、ネックと本体を取り外し、スワブで管内の水分を拭き取ります。本体はベル側からスワブを通していきます。途中で詰まってしまったら、無理に引っ張らずに、逆側の紐を使い、一度引き戻してから再度チャレンジしましょう。次に、ネックは太いほうからスワブを通します。本体もネックも太いほうからスワブを通していくことがポイントです。

スワブを通した後は、トーンホールの水分もチェックしましょう。

次に、スワブを通すだけだとトーンホールに水分が残っていることがあります。そのままにしておくと、キイを押したときのべたつきにつながり、演奏に支障が出てくることがあります。スワブを通した後は、トーンホールの水分もチェックしましょう。 水分が残っていたらクリーニングペーパーで水分を取り除きます。タンポとトーンホールの間にクリーニングペーパー挟み入れ、2、3回軽くキイを押さえます。この時、キイにクリーニングペーパーを挟んだ状態で引っ張るとタンポの表面を消耗させてしまうので気を付けましょう。

最後に、楽器の表面についた指紋や汚れをクロスでキレイに拭き取りましょう。

指の届く範囲で構いませんので、あまり力を入れず軽くふき取ります。細かい部分までお掃除をする場合には、バネがはずれるなどして支障がでてくることもあるので、無理なく届く範囲だけで問題ありません。もし長年使用して埃や汚れが気になるときには、ご自身ではやらずに、専門のリペアマンに依頼することもできます。