サックス SAX

主要ブランド
サックス 主要ブランド BRAND

ヤマハ

YAMAHA~最初の1本から長く愛用できる楽器まで~
1960年代、ヤマハ発の管楽器としてトランペット製造を開始し、その後他の管楽器も次々と発売。名だたるプロプレイヤーとの共同開発で国内外問わず安定の人気を誇ります。日々、研究や開発をされ多くのラインアップを輩出し、2000年代には、鉛フリー半だを導入し環境にも配慮。安定した楽器のクオリティ、音程、吹奏感は抜群です。Made in JAPANにこだわりを持つクラフトマン達が、匠の技を大切にしています。

ヤマハ YAS-875EX

第一線で活躍し続けている人気プレイヤー監修のモデル。ヤマハのフラッグシップモデルであるYAS-875EXは、クラシック界の定番モデルでもあります。抜群に安定した音程や、適度に抵抗のある吹奏感、どこをとっても文句なしのモデルです!YAS-875との比較をおすすめしています。日々研究されモデルチェンジがされ、定番モデルながら進化し続けています。

ヤナギサワ

Yanagisawa~日本が誇るサックス専門ブランド~
明治29年創立の国内唯一のサックス専門メーカーヤナギサワ。1954年に記念すべき初のテナーサックスを製作し、その後アルト、バリトン、ソプラノ、そしてソプラニーノを次々に発表。「手に始まり、機械を経て手に終わる」という信念の下、プレスされた板材から職人が丹念にこだわりにこだわって作り上げていく楽器は、日本のみならず海外からも高い評価を得ています。「幅広い音楽作りを可能にする柔軟性を持った楽器」という楽器製作の信条のもと、19年にWOシリーズが発売となりました。それからはさらに人気に拍車がかかり、楽器は品薄状態に。いま最も手に入りにくい大人気のブランドです。

ヤナギサワ A-WO20

ヤナギサワの代名詞ともいえるブロンズブラス材を使用したモデル。太く深みのあるサウンドが魅力です。上位機種ならではのしっかりとした設計で、豊かな響きや心地よい吹奏管が満足のいく一生モノの楽器となるでしょう。コンパクトにまとまったキイもヤナギサワが支持されるポイントでもあります。手の大きさにかかわらずスムーズに操作できます。

セルマー

SELMER~誰もが憧れる最高峰ブランド~
1885年、クラリネットプレイヤーだったヘンリー・セルマーが設立。当初はリードの製造と調整をビジネスとして始め、その後クラリネットの製造を開始し、弟で同じくクラリネットプレイヤーだったアレクサンドル・セルマーとセルマー社の基盤を作り上げました。1904年にはパリ万国博覧会にて金賞を受賞し世界的な評価を得て、会社も急成長。そして、1921年についに初のセルマーのサックスが完成し、1936年に現在のセルマーサックスの基礎となるバランスアクションが完成。1954年には今後も語り継がれるであろう銘器MarkⅥが登場。現在もフランスに工場を構え、多くの有名プロプレイヤーからアマチュアプレイヤー、学生にまで絶大な人気を誇るブランド。

セルマー JUBILEE SA80Ⅱ

サックス最高峰ブランド セルマー不動の定番モデルSA80II。吹奏楽はもちろんのこと、クラシック、ポップス、ジャズなど幅広いジャンルで使える万能なモデルです。パワフルな中に、良い意味での雑味があるサウンドで、世界中で支持されています。一生ものの楽器になること間違えなしです。