サックス SAX

はじめてのサックス
楽器選びのポイント POINT

POINT 1 まずはお店にいってみよう!

楽器屋さんなんて、なんだか敷居が高い気がして気がひける・・・そんな心配はいりません!明るく知識豊富なスタッフが皆さまをお迎えします。楽器を始めたばかりの方でも、まだ一度も吹いたことのない方でも大丈夫です。もちろん、「まずは下見、ゆっくり楽器を見てみたい。」という方もゆっくりと広々としたスペースで楽器をご覧いただけますよ。

POINT 2 スタッフと話してみよう!

これから始める方にとってはわからないことがわからない…。そんな心配はご無用です。サックスとはどのような楽器なのか。ブランドとモデル、値段の違いは何なのか。楽器を実際にご覧いただきながらお話ししましょう!また、買い替えをご検討の方はスタッフに要望を直接伝えてみてください。新品のみならず中古品などもご案内できます。

POINT 3 実際に楽器に触れてみよう!

楽器に触れたり、吹いたりすることができます。試奏用のマウスピースやリードをご用意しておりますが、すでにお持ちであれば忘れずにお持ちください。いつもと同じコンディションで吹いてみることが楽器選びのポイントです。これから始める方にはスタッフが楽器の構え方からアドバイスいたします。

POINT 4 吹いて楽器を選ぼう!

モデルが決まったら次は個選びです。同じモデルでもそれぞれ個性があります。複数本ある場合には複数本の中から選びましょう。また、「どのように楽器を選んだらいいかわからない」という方や、遠方にお住まいでご来店が難しい方には、プロ奏者による選定品をおすすめしています。選定品とはプロの演奏家が、同じ機種を複数本の中から選び抜いたお墨付きの1本です。

必要なアクセサリー ACCESSORIES

マウスピース

音を出すための歌口の部分。ラバー製と金属製があり、サウンドも吹奏感もさまざま。楽器、マウスピース、リガチャーやリードの組み合わせにより何通りのもの音を作ることができます。また、初めてに最適なマウスピースやジャンルによっての定番物もあります

リガチャー

マウスピースにリードを固定するための道具。金属製、ラバー製、木製やコードタイプなど素材もとより形状や仕上げも多岐にわたります。マウスピースほどサウンドや吹奏感の変化は大きく出ませんが、たくさんの種類の中から好みのリガチャーを探してみましょう!

リード

一番の消耗品です。基本的に10枚1箱で販売されていますが、硬さのばらつきから実際に使用できるリードは3枚程度。最近では樹脂製のリードが、状態が安定していることや長持ちする点で大変人気があります。硬さは2~4 1/2まであり、数字が大きくなるにつれ硬くなります。始めは2 1/2からスタートして、息の量やスピードに合わせて硬くしていきます。自分の息の状態にあった硬さを選ぶのがポイントです!

ストラップ

サックスを吹くうえでとても重要なストラップ。楽器に付属しているストラップは紐が細く華奢なものが多く、首に負担がかかります。最近は首への負担だけでなく、スムーズな呼吸をするために首と肺が閉まらない設計のストラップが大変人気です。

お手入れグッズ

。スワブとクロスが必需品。楽器内部にたまった水分をスワブでふき取り、表面についた指紋や汚れをクロスで軽くふき取ります。スワブだけだと取りきれない水分はクリーニングペーパーを使用して吸い取ります。

楽器専門店 SHOP