ピッコロ PICCOLO

はじめてのピッコロ
楽器選びのポイント POINT

POINT 1 まずはフルートから初めてみましょう!

ピッコロはフルートに比べて音を出すのに技術がいります。
まずはフルートを経験してから、ピッコロにチャレンジしてみてください!

POINT 2 ピッコロは楽器で決まります!

ピッコロはフルートに比べ、吹き心地や音色がメーカーやランク、材質で大きく差がでます。気になるモデルは遠慮なく全て用意してもらい吹き比べてみてください!
また、ピッコロは持ち替えで出番がくることが多いため、瞬発的な扱いやすさも重要です!

POINT 3 第三者に自分の音を聴いてもらおう!

自分で吹いている音と人が聴こえる音には、少し違いがあります。自分でよく鳴っているなと感じていても、離れていくと別の方がよく響いて聴こえることがあります。試奏の際は誰かに聴いてもらい意見を聞いたり、誰かが吹いたのを客観的に聴いてみるのもよいかと思います。もしお連れの方がいないときは、スタッフが音色を聴いてアドバイスいたしますのでお気軽に!

POINT 4 個体差を選定しよう!

楽器には少なからず、1本1本の「個体差」があります。モデルが決まったら同一機種をもう1本吹いてみましょう。
全く同じモデルを2本吹けば、全然印象は違うものです。音色はもちろん、響き方、吹奏感などはその個体独自が持つ個性でもあり、同一機種なら全て同じというわけではありません。ぜひあなただけの1本を選定しましょう!

必要なアクセサリー ACCESSORIES

ケースカバー

ハードケースを入れて、楽器を持ち運ぶカバー。
フルートとピッコロを同時に持ち運ぶことができるケースカバーもあります。

クロス

楽器の表面の汚れを落とす、楽器専用の布。

ガーゼ(インナースワブなど)

演奏後(または演奏途中)、ピッコロの管内に残る水滴を吸い取るもの。ガーゼ以外にも吸水性のよいインナークロスや、すでにロッドに布やカーボン素材が装着されているピッコロ専用のグッズもあります。

掃除棒

ガーゼやインナースワブを巻きつけ、管内の水滴を取る道具。

クリーニングペーパー

パッド(タンポ)についた水分によるペタつきを抑える紙

モイスレガート

楽器用の調湿材。ハードケース内の湿度を40%~60%に保ち、ピッコロ管体の割れを防ぎます。パッドの状態を保つ効果もあります。

オイル

管体に植物性のオイルを塗ることによって、ピッコロ管体の乾燥を緩和し、割れを防ぎます。

ピッコロスタンド

ピッコロを立てるスタンド。練習中や本番中の持ち替えの際に使用します。