ピアノ PIANO

リペア / メンテナンス
ピアノのお手入れ CARE

アコースティックピアノは生き物といわれます。

それは木、フェルト、クロス、金属など、温度や湿度といった周囲の環境に敏感に影響される生きた材料が随所につかわれているからです。
ピアノの性能をより良く保つためには、一般的に温度は15℃~25℃、湿度は冬季:35~65%、夏季:40~70%。つまり、人間にとって快適な環境が、ピアノにとっても一番いい環境です。湿気が多すぎたり、逆に乾燥しすぎはピアノの大敵です。
人間が汗をかくように、ピアノも汗をかきます。木やフェルト、金属の部分(アクション、ハンマー、弦など)に影響が出て、音が出にくくなったり、こもったり、鍵盤が下がったままになったり、金属部分にサビが出やすくなったりします。雨の日、夜間などは窓を閉め、ピアノの蓋も閉めましょう。反対に、晴れた日には窓を開けて、風通しをよくしましょう。

ピアノをほこりや汚れから守るため、塗装してある表面や鍵盤の部分を、気がついたらそのつど手入れしてあげましょう。

塗装面
・表面についたほこりは、ピアノ用の羽毛や、やわらかな布で軽くはらいましょう。ピアノ用ワックスを使う場合は、機種によって適・不適があるので、担当者にご相談ください。
鍵盤
・やわらかな布でから拭きしましょう(塗装面を拭いたのとは別の布で)。
・汚れが目立つ場合は、布に水を含ませて固くしぼって、拭きとりましょう。
・ヒビ割れの原因になるので、アルコール類は使わないように。
・なんといっても、汚れた手で弾かないことが一番です。

ピアノにも定期健診(調律)が必要です。

なぜ調律が必要?
・ピアノの弦は1本平均90キロという強い力で張られています。ですので、たとえピアノを弾かなくても、時間がたつにつれて次第に弦が伸びていき、音程が乱れてきます。
・正しい音で弾いていただくためには、少なくとも1年に1度は定期的に調律が必要です。
・特にピアノをお求めになってから1年ほどの間は、弦の伸びが大きいので、調律も年に2回ぐらいはするようにしましょう。
・調律はピアノの健康診断としても大切です。