オーボエ OBOE

はじめてのオーボエ
楽器選びのポイント POINT

POINT 1 フルオート?セミオート?

フルオートマチックとセミオートマチックの違いは、主にオクターブキィの構造です。フルオートマチックの方がキィが多くなり、重量や吹き心地が重くなります。キィが多い分、替え指のバリエーションが豊富です。
セミオートマチックはキィが少ない分、調整の不安が少なく、重量や吹き心地も軽くなります。世界的にはセミオートマチックシステムが主流です。これから楽器を始めるならセミオートマチックをお薦めします。

POINT 2 キィの数について

上級モデルにはより多くのキィが付けられ、高度な技術にも対応できるようになっている反面、重量も増すので、楽器の吹き心地も重くなる傾向があります。
学生向けモデルは、通常の演奏に必要なキィは装備されており、楽器を始めてしばらくは特に困ることはないでしょう。キィが多くない分、吹き心地が楽で取り扱いがしやすいです。
長く1本を使い続けるつもりなら、将来的な成長も見越して上級モデルを、吹きやすさを優先したいなら、比較的軽めで扱いやすい学生向けモデルをお薦めします。

POINT 3 価格帯の違いについて

お手頃な価格のモデルは、息が入りやすく、どなたでも吹きやすい設計になっています。価格が上がるにつれ、しっかりとした設計になり耐久性もアップ。楽器自体のパワーも上がり、表現力も備わってきます。
学生さんであれば、3年から6年程度、毎日数時間練習することを考えると、耐久性があるものがおすすめです。逆に大人の方で、週に1、2回、趣味として楽しむのであれば、憧れのメーカーやお好きな音色が出るもの、吹いていてストレスがないものをお選びいただくのがよいと思います。

必要なアクセサリー ACCESSORIES

リード

基本的な奏法を身につけるまでは、完成リードを使います。完成リードに手を入れて調整したり、材料をそろえて自作する方もいます。

掃除羽、スワブ

管内はとてもデリケートなので、やさしく水分を取りのぞきます。水分が残っていると、割れなど不具合の原因になります。

コルクグリス

接合部の抜き差しをスムーズにするために使用します。

リードケース

リードをリードケースに入れておくと、安定した状態が保たれるので、長持ちさせることができます。