フルート FLUTE

リペア / メンテナンス
フルートのお手入れ CARE

フルートを演奏した後は、管の中の水分を取り除きましょう。

フルートを演奏した後は、管の中に水分が残っています。これをそのままにしておくと、キィについているパッド(タンポ)に湿気が溜まってしまい、パッドのペタ付きや消耗を早める原因となってしまいます。それを防ぐため、掃除棒にガーゼを巻きつけ、管の中の水分を取り除きます。頭部管は行き止まりの部分(反射板)を強く押し込まないよう、回し入れて拭き取ってください。掃除棒の先端のガーゼを少したるませるのが反射板の水分を取りきるコツです。キィの付いている胴体の管は掃除棒を一方方向に1~2回通してください。一方方向に通すことで、ふさがったままのキィのパッドを擦らず、パッドの消耗を抑えます。

次に管の表面をクロスで磨きましょう。

表面の指紋や汚れは、変色の原因になったり、パッドに汚れがつく原因となります。頭部管の表面を拭き取るときは、リッププレートを強く握らないようにしましょう。まれに歪みやリッププレートが外れてしまう原因となります。キィは、キィの付いている方向に磨きましょう。キィやパイプの周りは、パッドの表面をクロスで擦り消耗を早めたり、細かいバネにふれてしまうと、バネが外れ、キィが動かなくなる原因となります。手の届く範囲で無理なく拭き取りましょう。パイプまわりの埃や汚れが気になる方は、メンテナンスの際にお申し付けください。リペアマンがパーツを外した状態で汚れを拭き取ります。

パッドのペタつきが気になる場合は、クリーニングペーパー

パッドのペタつきが気になる場合は、クリーニングペーパーを使用し、パッドに挟み、キィを軽くたたく要領で水分をとってください。ペーパーを引っ張ったり、頻繁に使用すると消耗を早めますのでお気を付けください。

キィオイルは、分解したパイプ内にさすものです。分解せずにキィオイルをさすと、汚れがついたり固着し、作動不良の原因になってしまうことがあります。心配な場合は、ご自身では行なわず、専門のリペアマンに任せましょう。

山野楽器をサポートする
専門修理工房のご紹介
REPAIR WORKSHOP

金井 敬一(フルート専任)

国内有名メーカーでのフルート製作及び、ボストン有名メーカーの日本国内技術者としてフルート製作からリペアまで従事。現在は独立しリペア専門工房を構える。最新フルートからオールドまでそのリペア技術の高さには定評があります。

中野 健史(フルート専任)

楽器総合メーカーにて、ハンドメイドフルートの製造に携わり、その後フルート専門メーカーにて研鑽を積む。
ハンドメイドフルートの製作技術を持つ中野氏だからこその視点で、お客様の大事な楽器を万全な状態にします。