フルート FLUTE

Emanuel Flute(エマニュエル・フルート)のご案内

Emanuel Flute(エマニュエル・フルート)

ペルーのリマ生まれ。
高校時代には芸術、音楽、製作技術への興味を示す。
フルートの世界へ出たきっかけは、当時ヘインズの生産ラインでケースの製作にあたっていた彼の兄、ミゲル・アリスタ(ジュニア)からケース製作の依頼を受けたことであった。やがてエマニュエルはケース製作のためケンブリッジに移る。後にこのケースは、ボストンの多くのフルートメーカーが採用した。
その後エマニュエルは、ミゲルからピッコロのパーツ作りの依頼を受けたが、先進的なツールや機械がないにもかかわらずわずか数カ月でこれを完成。1976年8月にアリスタ・ピッコロがお披露目された。
その成功の後、エマニュエルは、本格的に機械作動と工具製作をウェントワース工科大学で研究。1978年に、最初のアリスタ・フルートがNFAコンベンションで発表された。
1985年に、エマニュエルはアリスタにフルートから独立。ジャック・ムーアやエドワード・アルメイダの支援により1991年に彼自身のブランド『エマニュエルフルート』を設立。
同時にワシントンのコンベンションで製造番号#1の楽器を発表。
これによりエマニュエルフルートは多くのプレイヤーに認められ、#4はマクサンス・ラリューが購入している。現在では、アトランタ交響楽団、ダラス交響楽団、オランダ交響楽団で使用され、完成度の高さと豊かな音楽性は各国で注目されている。

ラインアップ

  • AG 銀製 オープンプライス
  • AG-14KR 銀製 14K金ライザー オープンプライス
  • AG-14KL&R 銀製 14Kゴールドリッププレート&ライザー オープンプライス
  • ALL-10K  総10K金製 オープンプライス
  • ALL-14K  総14K金製 オープンプライス

IMPRESSION

ほど良い輪郭と独特な音の密度は、まるでアメリカの古き良き時代の音を継承しているかのよう。古いと言うと操作が難しいイメージだが、エマニュエル頭部管は決してそうではなく、息がスムーズに入るあたりはモダンな仕上がりになっている。

頭部管のスタイルは、ルイロットをイメージしたLTタイプと、さらに個性を強くしたGAUBERT(G)タイプに代表される。他に明るめで軽い吹奏感の“I”、少しふくよかさが加わり音に色彩感を付けやすくした“L”、開放感のある高音域が最もモダンらしさを感じる“C”がある。

多くのメーカーは唄口の形状を変えて様々なスタイルの頭部管を製作しているところが多いが、エマニュエルはテーパーの形状にも注目し、それを変えることによって違いを出している。

フルートに関するお問い合わせ先 CONTACT