フルート FLUTE

主要ブランド
フルート 主要ブランド BRAND

YAMAHA(ヤマハ)

入門モデルからプロフェッショナルモデルまで、幅広いラインナップをもつ、言わずと知れた日本最大の楽器総合メーカー。プロ奏者からの信頼も厚く、安定した品質が魅力。

YAMAHA(ヤマハ) YFL-312 125周年記念モデル

フルートの音色の柔らかさや深さを大きく左右するのが材質です。フルート全体の中で、銀を使用する部分が多ければ多いほどフルート本来の音色に近づきます。
1本のフルートは3分割できるようになっていますが、直接口をつける部分を頭部管と呼びます。初めてフルートを吹くという方に人気なのが、この頭部管だけに銀を使用したモデルです。
フルート全体に全く銀を使用していないモデルもありますが、比べてみると音色の違いは歴然。
頭部管が銀製の本モデルYFL312YTは「始めるからには音色にこだわりたい!」という方へのおすすめのモデル。
通常のYFL312の反射板とクラウン(ヘッドキャップ)を通常モデルでは使用していないシルバーにアップグレードすることで、より深みのある、伸びやかな音色を実現しました。

YAMAHA(ヤマハ) YFL-517YT 125周年記念モデル

ヤマハフルートの上位モデルとなるFinesse(フィネス)シリーズの頭部管銀製モデル「YFL517」。音の力強さが最大の持ち味で、社会人の方など、趣味として使用する最初の1本として、また中高生が使用するものとしても大変人気のモデルです。
この人気モデルのクラウン(ヘッドキャップ)を、通常モデルでは使用していないシルバーにアップグレードしたのがYFL517YTです。
頭部管銀製フルートの表現力をさらに大きく進歩させた、重厚でより深みのある音色が魅力です。

PEARL(パール)

国内ブランドの中で、柔らかいサウンドを誇るパールフルート。音色にこだわりをもち、入門者からプロにまで愛されているブランドです。

MURAMATSU(ムラマツ)

日本で最も長い伝統をもつフルート専門メーカー。ふくよかで渋みのあるムラマツサウンドは、多くのフルート吹きが憧れるブランドです。

SANKYO(サンキョウ)

明るい音色と余韻を感じさせる響きで、エレガントな音色を持つサンキョウフルート。精度の高い造りで長年高い評価を得ているブランドです。

ALTUS(アルタス)

長野県の安曇野に工場を構えるフルート専門メーカー。バリエーション豊富な材質を用い、音色もさまざま。奏者の多様な要求に応えてくれるメーカーです。

MIYAZAWA(ミヤザワ)

最新のメカニズムの搭載や、ライザーやリッププレートにゴールドを使用したモデルをラインナップするなど、操作性や音色の改善を続けているメーカーです。

NAGAHARA(ナガハラ)

かつて日本で国産フルートメーカーの製作者として活躍した永原完一氏がアメリカ ボストンに立ち上げたナガハラフルート。日本精度の高い技術とボストンのクラフトマンシップの融合によって生み出された、可能性に満ち溢れるフルートです。

NAGAHARA(ナガハラ) Handmade950RHE

銀純度Ag950を採用した総銀製は、奥深さと奥行きをもたらし、立体感のある音を生み出すモデル。さらにナガハラフルートのこだわり抜かれた頭部管とナガハラライザーの搭載により、明瞭な音の輪郭と艶やかな響きが実現しました。

BURKART(バーカート)

アメリカ ボストンでハイテクノロジーとハンドクラフトの技術を融合させて生まれたフルート&ピッコロメーカー。コンピューター(CAD:Computer Aided Design)を駆使した現代工学のノウハウを設計に取り入れ、洗礼された技術をもって完成させた、極めてクオリティの高いフルート。

BRANNEN(ブランネン)

ボストンに工房を構える、フルート界のトップメーカー。クーパースケールを採用し、正確な音程と最高の音色を備えるフルート。常に新しいシステムやメカニズムを生み出すパイオニア精神にあふれるフルートメーカーです。

POWELL(パウエル)

アメリカのボストンにて、80年以上も続く伝統あるメーカー。伝統的なハンドメイド技術に加え、操作性の良さとパワフルなサウンドで、多くのフルート奏者に愛用されているボストンの老舗ブランド。

楽器専門店 SHOP