クラシックギター CLASSIC GUITAR

はじめてのクラシックギター
楽器選びのポイント POINT

POINT 1 最大のポイントは「糸巻き」

初心者の方は、「糸巻き」にこだわっていただきたいと思います。
10万位までは、中国もしくはスペイン製のギターがありますが、糸巻のレベルにより、チューニング(音合わせ)に問題が出ます。

POINT 2 ネックは“ネック!”

左手で押さえる「ネック」は文字通り、ギター選びの「ネック」となります。
厚いものや、薄すぎるものは弾きにくいので、程よい物を選ぶと良いです。
経験のある楽器店のスタッフや先生にアドバイスをもらいましょう。

POINT 3 音色は音量ではなく、和音のバランスを見る。

簡単な「和音」を弾いて、低音、中音、高音と3つの音の領域がある程度バランス良くでるものがおすすめです。楽器店で経験のあるスタッフや先生に演奏をしていただき、確認をするとよいでしょう。

必要なアクセサリー ACCESSORIES

足台

左足を乗せて、ギターのボディーを左ひざに乗せる形が、クラシックギターの基本姿勢になります。

チューナー

音を正確に合わせる機械です。電池を使用しますので、一つ購入すればかなりの長い期間使用することができます。
初心者でも、チューナーがあると、とても安心して練習することができます。

譜面台

クラシックギターは譜面を見ながら演奏することが多いので、譜面台は必須アイテムです。テーブルの上に置いて練習したりすると、ギター演奏の姿勢が悪くなります。