クラリネット

クラリネットは、約4オクターブという管楽器では最も広い音域を持つ楽器です。もっとも一般的なB♭管クラリネットは、長さは約70センチ、重さは1キログラム程度です(ブランドやモデルに若干異なります)。3つに分解できるので、コンパクトで比較的持ち運びがしやすい楽器です。
素材としては、グラナディラという水に沈む重くて硬い木が一般的ですが、樹脂製や金属製のクラリネットもあります。
ソロやアンサンブル、吹奏楽、オーケストラ、ジャズなど、さまざまなジャンルで活躍できる楽器です。

クラリネットの種類 CATEGORIES

クラリネットには、音域や用途によって様々な種類があります。学校の吹奏楽などの場合はバンド内のバランスや体格、能力を考慮して割り振られることも多いでしょう。
また、大人の方が趣味として始める場合には、特に制約はありませんが、目指したいジャンルや音色でもおすすめする楽器が異なってきます。また、音楽教室でグループレッスンを受ける場合は、種類を指定されることも多いようです。

B♭クラリネット

クラリネットの基本となる楽器です。ソロはもちろん、吹奏楽、クラシック、ジャズやポップスなど幅広いジャンルに対応します。

Aクラリネット

オーケストラでの演奏には欠かせない楽器です。ソロや室内楽でも、この楽器のために書かれた曲はたくさんあります。B♭クラリネットと同じマウスピースが使用可能です。

E♭クラリネット

高音域を担当する楽器です。アンサンブルや吹奏楽では演奏全体に彩りを加える役割を持ちます。

バスクラリネット

低音域を担当する楽器。アンサンブルや吹奏楽で木管楽器全体を下支えする頼もしい存在です。ジャズでも独特の存在感を放ちます。

Cクラリネット

B♭クラリネットよりもやや短い管長で、主にオーケストラで使用されます。フルートやオーボエの楽譜が読み替えなしで吹けるので、気軽なアンサンブル用としてもお使いいただけます。B♭クラリネットと同じマウスピースが使用可能です。

アルトクラリネット、バセットホルン(バセットホーン)

アルトクラリネットとバセットホルンの外観はとても似ていますが、生い立ちはまったく違う楽器です。
アルトクラリネットはバスクラリネットとともにアドルフ・サックスの時代に作られたE♭管の比較的新しい楽器です。
バセットホルンはモーツァルトの時代には既に存在したF管の楽器で、モーツァルトはもちろん同時代に活躍したサリエリやシュタードラーなど、バセットホーンのための曲はたくさんあります。