アコースティックギター ACOUSTIC GUITAR

主要ブランド
アコースティックギター 主要ブランド BRAND

Taylor

カリフォルニア州エルカホンに拠点を置くアメリカのギターメーカーです。1974年設立と比較的歴史の浅いメーカーながら、今では全米No1ブランド。
ボディーとネックが外れる仕様で、常に弾きやすく調整できる構造や、プロの現場で愛用されている、ギター本体+ピックアップの性能の良さが魅力。 ギターの魅力を発信するロードショーや無料診断会など、サポートやメンテナンスの強さも魅力です。
ギター業界の将来をも見据えて環境保護にも積極的に取り組み、林業の事業者と提携を行うと共に、フィギュアドメイプルを栽培する方法を研究しています。2014年1月には米国国務省により企業優秀賞(ACE)を受賞しました。

Taylor

一番人気のサイズと言えばグランドオーディトリアムサイズ(X14ce) その中でも814ce、314ce、214ce Deluxe、114ceは人気機種になります。 トラベルギターやミニギターといえばGS miniやBaby Taylorなどが人気です。

Martin

フラットトップ、スチール弦のアコースティックギター、いわゆるアコースティックギターの代表的なメーカー。世界中のプレイヤーに愛用されるトップブランドであり、ファンからは「いつかはマーチン」と言われる憧れの高級ブランドです。

Martin

いろいろなブランドがアコースティックギターを発売していますが、MartinのD-28やOOO-28は、アコースティックギターの形の元となっていることが多いほど、世界で有名な人気機種です。
最上位機種D-45は憧れの1本ではないでしょうか

YAMAHA

フォーク/カントリーからブルース/ロックまで、どんな音楽でも使用できるサウンドを持ち、バランスのよいサウンドが特徴。 1966年には名機「FG-180」「FG-150」を発表し、後に南こうせつ氏、伊勢正三氏、さだまさし氏らが一世を風靡した日本のフォークブームを支えました。
リーズナブルな価格帯から高価格帯まで、安定したクオリティが魅力です。

YAMAHA

FG、FSのフラッグシップモデルのほかに、Lシリーズも人気です。

Morris

幅広いラインアップを持ち、これからギターを始める人から第一線で活躍するトッププロまで、幅広いユーザーに愛用されています。 フィンガーピッカーに向けたSシリーズなど、新しい発想のギターを世に作り出している日本を代表するブランドです。

Morris

グレードによって型番はさまざまですが、代表とされる形状は”F”(オーディトリアムサイズ)、”M”(ドオレットノートサイズ)です。
モーリスの代表モデルとして、伝統的な形のほかに、ソロギターを主体としたフィンガー・ピッキングというスタイルにフィットするよう設計された”S”シリーズもあります。

K.Yairi

「高品質より我ら生きる道なし」という社訓を掲げ、日本国内で、高品質なギターを生産しています。
木材を熟知した職人が集まり、「手作り」と「メイドイン・ジャパン」にこだわっている魅力あるブランドです。卓越した製造技術が一台一台のギターに注がれています。

K.Yairi

伝統的なルックスのDY-28やYW-3000のほかに独自シェイプのBL、LO、RFなどのボディー形状があります。