イベントレポート EVENT

REPORT

ぴあのコラボLABO〜piano collabo LABO 第5回開催レポート

プロフィール
佐久間あすか:旧姓:松本あすか/ピアニスト・作編曲家・音楽教育家
ピティナA1級金賞(6歳)。 プレミオモーツァルト国際コンクール最年少第3位受賞(7歳)。ウィーン音楽コンクールインジャパン小学生の部第3位(12歳)。カール・ツェルニー国際コンクール第3位。他受賞歴多数。18歳よりJAZZ/POPSを学び始める。 23歳でクラシック音楽を再開。ピティナグランミューズA1カテゴリー第1位受賞。以降ジャンルを越えた活動を続け、ソロアルバムをキングレコードより2枚リリース。作編曲家としての楽曲提供多数。指導者として、月刊誌『ムジカノーヴァ』にて「鍵盤にさわらない譜読み法」を2年に渡り連載。全国各地でアドバイザー、指導者向けの講座講師も行っている。連弾デュオ「piaNA」としても活動し、2021年7月には、4手のためのカプースチン作品を収録した最新CDアルバム『1122』をリリース。レコード芸術9月号の特選盤にも選出されている。

日時'21/09/13(月)~'21/09/13(月)

第1回10:30-12:00 第2回12:00-13:30

【会場】山野楽器 銀座本店 7FイベントスペースJamSpot

第5回 ぴあのコラボLABO テーマ:即興性/アンサンブル力 クラシックにおける即興性とアンサンブル

5月から始まったぴあのコラボLABO、毎回楽しみに参加して今月で5回目となりました。
この講座は、聞いて終わりの講座とは違い、受講者参加型なのでドキドキ感もありとにかく楽しいし、面白いのが特徴です。


最初は、参加型と聞いて

「私にできるかしら?」

「できなかったらどうしよう・・・」

不安に思っていたのが、5回目となると、

「参加しなきゃ損!」

と思うようになってきました。
これもあすか先生の楽しい話術と内容のおかげです。

講座が始まると、ボーっとしてる時間はないし、いつ名前が呼ばれるのか本当にドキドキですが、とにかく参加しなきゃ!と思わせるとても意欲の湧く楽しい講座です。

そこで学んだ事は、自宅レッスンにも繋がり、生徒さんにわかりやすく教えることができ、また実践して結果が出たりすると、講座に

「参加して良かった!」

と思えます。

そして、参加されている受講者の先生方の意見や考え方もとても刺激を受けます。
目から鱗のこともあり!
毎回、とても勉強になります。

今月は『 クラシックにおける即興性とアンサンブル』でした。
即興性と言うことで、初めに即興演奏を一人ずつ演奏しました。
その後、一つの曲をメロディーと伴奏に分かれて連弾したり、先生が音楽の即興性と演劇の即興性の共通点を見出し、即興的寸劇も体験しました。
台本がないのでどうなるのか、戸惑いもあり、そして笑いあり!
なかなか普段体験できないものでした。

即興演奏と言うとどうやったら良いのか自分でとても難しく考えがちでしたが、あすか先生の講座を聞き終えた後は、言葉のように自然にでてくるもの、身近なものに感じることができました。

参加するたびに、自分の引き出しを増やしてくれるあすか先生のこの講座、是非是非、お時間のある方は参加してみて下さい!
私も、これからもこの講座で色々なことを学んでいきたと思います!

(受講者の先生からお声をいただきました)