イベントレポート EVENT

REPORT

杉元太スプリングピアノフロアコンサートレポート

宮城県東松島市出身。東京音楽大学ピアノ演奏家コースを経て、同大学院修了。畠山桃子、菊地麗子、野島稔の各氏に師事。
その後ポーランド国立ショパン音楽大学に留学、2018年にディプロマ取得。ピオトル・パレチニ氏に師事。留学時に仙台南ロータリー特別奨学生。
2012アジア国際音楽コンクール第1位。
第5回野島稔よこすかコンクールファイナリスト。


第2回ブレシア国際ピアノコンクールファイナリスト(イタリア)。
第1回ダヌビア・タレント国際音楽コンクール優勝(ハンガリー)。
副賞としてコンチェルトコンサートを受賞。
ポーランドシレジア・フィルハーモニー管弦楽団、ハンガリードナケシュ交響楽団、石巻市民交響楽団などと共演。 ハンガリー、チュニジア、イタリア、ポーランド、
日本各地にて数多くのコンサートに出演。
留学後はピアノソロ、室内楽コンサートのみならず、2019年から宮城県内を中心にアウトリーチ活動を行っている。2020年ミヤギテレビ「OH!バンデス」にスタジオ生出演。
同年に、東松島ふるさと復興大使に就任。
New CD「モーツァルト&ショパン」をリリース。

日時'21/04/25(日)~'21/04/25(日)

13:00~・16:00~

【会場】仙台店3F ピアノフロア

4月25日(日)、杉元太さんにフロアで演奏をしていただきました!
以前からフロアコンサートを企画させていただいていたのですが、新型コロナウイルスの影響により、延期続きで今回やっと演奏していただくことができました。
感染拡大防止のため、受付ではご来場いただいた皆さまに検温・消毒にご協力いただき、客席数も予約制20席と限定させていただきました。
そんな中、ご来場いただいたピアノ指導者の皆さま、ヤマノミュージックサロンの生徒さん、ご家族連れでいらしていただきました皆さま、本当にありがとうございました。

当日のプログラム(両部同プログラム)
・モーツァルト:ピアノソナタ 第10番 ハ長調 K.330 第1楽章
・モーツァルト:ピアノソナタ 第8番 イ短調 K.310 第1楽章
・ショパン:4つのマズルカ ト短調 Op.24-1
・ショパン:4つのマズルカ ハ長調 Op.24-2
・ショパン:4つのマズルカ 変イ長調 Op.24-3
・ショパン:ワルツ第7番 嬰ハ短調 Op.64-2
・ラフマニノフ:絵画的練習曲 ニ長調 Op.39-9       
※演奏者さまの意向によりプログラムが一部変更となりました


始まりは春らしい軽やかな音色でモーツァルトのピアノソナタがはじまり、最後は荒々しいラフマニノフの絵画的練習曲。曲が変わるたびに、さまざまな音色で客席の皆さまを引き込んでいました。

終演後は2月に発売されたCDの販売とサイン会を行ないました。(感染対策のため)曲間では杉元さんのお話しを控えさせていただいたため、終演後に皆さま直接感想などをお話しされていました。

コロナ禍のため、小さな規模での実施となりましたが、終始和やかな雰囲気で行なわれ、小さなお子さまから大人の方まで楽しんでいただけたように感じました。
改めて、ご来場いただきました皆さま、そして演奏してくださった杉元太さん、本当にありがとうございました!

  • 終演後にも関わらず、写真や動画撮影に快く応じてくださりました。

  • コンサートの様子を一部動画にまとめました。杉元さんからもメッセージがございますので、ぜひご覧ください♪