イベント EVENT

EVENT

作曲家が愛したピアノからアプローチする演奏法 ~ベートーヴェン~

講師:久元祐子氏

日時'21/08/15(日)~'21/08/15(日)

開場11:00 開演11:30 

【会場】銀座本店 7Fイベントスペース JamSpot

有料

ご予約制

※中止となりました。
受講料:一般¥4,500(税込) 
    ヤマノミュージックパートナーシップ会員¥4,000(税込)
※ヤマノミュージックパートナーシップカードは、音楽指導者、音楽大学生の方に発行しているカードです。
講師:久元祐子氏
募集人数:15名
申し込み開始:7月1日
(終了予定時刻13:10 休憩場内換気含む)

【ベーゼンドルファー特別で聴く特別講座】
作曲家が愛したピアノからアプローチする演奏法 ~ベートーヴェン~

ベートーヴェンが生きた時代は、鍵盤楽器が大きく進化した時期と重なります。
楽器の進化は作曲家の活動に大きな影響を及ぼし、ベートーヴェンの元には、常に当時の最先端のピアノがあり、そこから多くの名曲が生まれました。
歴史的楽器の演奏や研究の第一線で活躍中のピアニスト久元祐子さんをお招きして、当時の楽器に想いを馳せながら現代ピアノでアプローチする方法をお届けいたします。

講座内容:エリーゼのために、ワルトシュタイン、悲愴、ピアノソナタ第31番 Op.110(予定)
参考教材:「作曲家が愛したピアノからアプローチする演奏法 ベートーヴェン」
¥2,200(税込)/学研プラス 刊
※当日会場にて販売いたします。

お申し込み方法:ピアノフロアまでお問い合わせください(直通03-5250-1058)

注意事項
・受講される方以外の入場はご遠慮ください。
・開場時間前の7Fへのご入場はできません。
・7Fイベントスペースへはエレベーター、もしくは6Fよりエスカレーターをご利用ください。
・会場内での録音、録画、撮影、飲食、喫煙は固くお断りいたします。
・会場でのマスク着用、手指消毒、検温、ソーシャルディスタンスの確保など、感染症対策にご協力ください。
・都合によりイベント内容の変更、やむを得ず中止になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
・セミナー後のサイン会は実施いたしません。
 



講師:久元祐子氏

東京芸術大学音楽学部(ピアノ専攻)を経て同大学大学院修士課程を修了。
ウィーン放送交響楽団、ラトビア国立交響楽団、読売日本交響楽団、新日本フィル、ウィーン・サロン・オーケストラ、ベルリン弦楽四重奏団など、内外のオーケストラや合奏団と多数共演。知性と感性、繊細さとダイナミズムを兼ね備えたピアニストとして高い評価を受けている。音楽を多面的に捉えることを目指したレクチャー・リサイタルは朝日新聞・天声人語にも紹介される。
 
ブロードウッド(1810年製)ベーゼンドルファー(1829年製)、プレイエル(1843年製)、エラール(1868年製)などを所蔵。
歴史的楽器を用いての演奏会や録音にも数多く取り組み、それぞれの時代の中で作曲家が求めた響きと美学を追及する。
2011年ウィーンでのリサイタルは、オーストリアのピアノ専門誌の表紙を飾りベーゼンドルファー・アーティストの称号を受ける。

CD14作をリリース、「ベートーヴェン”テレーゼ” ”ワルトシュタイン”」はグラモフォン誌上で「どこからどう考えても最高のベートーヴェン」など高い評価を得る。作曲家、演奏法などの著作も多数。毎日21世紀賞特選受賞。国立音楽大学・大学院教授、日本ラトヴィア音楽協会理事、ベーゼンドルファー・アーティスト、一般社団法人全日本ピアノ指導者協会(PTNA)評議員。

  • 【参考教材】
    「作曲家が愛したピアノピアノからアプローチする演奏法 ベートーヴェン」
    定価¥2,200(税込)/学研プラス 刊
    ※当日会場にて販売いたします。

●スタッフはマスク着用のうえ、新型コロナウイルス感染症の拡大予防のガイドラインに沿って対応させていただきます。

●新型コロナウイルス感染拡大防止のため、以下のご協力をお願いいたします。
・当日会場では検温/手指消毒をお願いいたします。
 (37.5度以上の発熱がある場合、咳や体調不良の場合はご入場いただけません)
・会場ではマスクを着用してください。
・当日会場にて、ご参加の方の「お名前・ご住所・緊急連絡先(お電話番号)」をご記入いただきます。
 ご記入いただきました個人情報は山野楽器が厳重に管理し、必要に応じて管轄の保健所と連携の上、
 ご連絡を差し上げる場合がございます。あらかじめご了承ください。
・会場では、マスクを着用していてもお客さま同士の大きな声での会話はご遠慮ください。
・大声での声援や「アンコール」はご遠慮ください。拍手をお願いいたします。
・講師にプレゼントやお手紙を手渡しする、また握手を求める行為はお止めください。
・会場ではスタッフの指示に従ってください。