イベント EVENT

EVENT

【講座】第27回レッツ・プレイ!ザ・ボディパーカッション

日時'20/02/11(火)~'20/02/11(火)

14:00~17:00(13:30開場) ※途中休憩をはさみます。

【会場】銀座本店 7FイベントスペースJamSpot

有料

ご予約制


「ボディパーカッション」は、楽器が苦手でも楽譜が苦手でも、 手拍子や、おなかやひざを叩いたり、誰でも楽しめる音楽です。ご自身や仲間と楽しんでも、また学校や幼稚園行事、教育にも役立つ「ボディパーカッション」。今回の講座は3部構成でお届けします。ぜひこの機会に体験してください。

 

 

講師:山田俊之氏
特別講師:篠崎史紀氏


《受講料》
一般 ¥4,500(税込)
ヤマノミュージックパートナーシップカード会員 ¥4,200(税込)
※受講料のお支払いは、現金のみとさせていただきます。
※ヤマノミュージックパートナーシップカードは、音楽指導者、音楽大学生の方に発行しているカードです。




《講座内容》
第1部 ボディパーカッション入門
第2部 楽曲をテーマにしたボディパーカッション体験
第3部 対談「すべての子供たちへボディパーカッション教育の楽しさを」

 
《使用教材》 
「行事が盛り上がる!山ちゃんの楽しいボディパーカッション」\1,800+税
《参考教材》 
「ザ・ボディパーカッション/B級グルメパーティ」\1,900+税
 いずれも音楽之友社刊
※当日会場でも販売いたします。お持ちの方はご持参ください。
 
 
※お申し込みは、お電話(03-5250-1061)もしくはFAX(03-3567-5373)にて承ります。
※定員になり次第締め切りとさせていただきます。お早めにお申し込みください。
※受講される方以外の入場はご遠慮ください。

  • 講師:山田俊之氏
    九州大谷短期大学教授。九州大学大学院博士後期課程満期修了。ボディパーカッション教育振興会理事代表。小学校教師の時に「ボディパーカッション教育」を考案。小学校音楽科教科書、特別支援教育用教科書(文部科学省編)にボディパーカッション曲が採用される。2001、04、06年「NHK交響楽団とボディパーカッション演奏会」をコンサートマスターの篠崎史紀氏と企画し、小中学生の子ども達、知的障害、聴覚障害、ダウン症の子ども達との共演を実現する。2017、18年ウィーン国立歌劇場でボディパーカッション作品発表、2019年NHK「パプリカ」インクルーシブ・バージョンでボディパーカッション指導を行う。

  • 特別講師:篠崎史紀氏
    愛称 "まろ"。NHK交響楽団第1コンサートマスター。3歳より両親の手ほどきを受ける。15歳で毎日学生音楽コンクール全国第1位。北九州市民文化賞受賞。高校卒業後、ウィーン市立音楽院に入学。ヨーロッパ主要コンクールで数々の受賞。88年帰国後、群馬交響楽団、読売日本交響楽団のコンサートマスターを経て、97年 NHK交響楽団コンサートマスターに就任。東京ジュニアオーケストラ・ソサイエティの芸術監督を務める。CD13枚他、ヴァイオリン小品集「MARO’s Palette」(監修)、著書「ルフトパウゼ」、「絶対!うまくなるヴァイオリン 100のコツ」。福岡県文化賞受賞、第34回有馬賞を受賞。北九州文化大使、桐朋学園非常勤講師、東京藝術大学非常勤講師、昭和音大客員教授。WHO国際医学アカデミー評議会議員。ボディパーカッション教育振興会理事(特任)。