イベント EVENT

EVENT

フルートアンサンブル・トリプティーク 結成15周年記念コンサート ~白尾隆氏を迎えて~

日時'19/10/22(火)~'19/10/22(火)

16:30開場 / 17:00開演

【会場】本店7F イベントスペースJamSpot

有料

今年で結成15周年を迎える「フルートアンサンブル・トリプティーク」の集大成となる記念コンサートを開催いたします。
"3枚で一組になる絵画"を意味する「Triptyque」のように3人の個性で一体となって描く音楽を目指してきた3人の、美しく混ざり合った珠玉の音楽をご堪能ください。ゲストに白尾隆氏をお迎えします。

入場料:一般¥3,000
(税込) 高校生以下¥2,000(税込)
定員:100名さま(要ご予約)
出演:フルートアンサンブル・トリプティーク
   樋口貴子 鈴木舞 渡邉加奈
ゲスト:白尾隆(フルーティスト)

PROGRAM

J-M.オトテール:『エールとブリュネット集』より トリオとファンファーレ
L.v.ベートーヴェン:フルート三重奏曲 ニ長調 op.87
F.メンデルスゾーン(堀内貴晃編):無言歌撰集
F.ナルボーニ:共鳴するシランクス ~ドビュッシーの作品による
P-O.フェルー:3つの小品( フルート独奏:白尾隆)
青島広志:魔法の鈴 ~モーツァルト「魔笛」の主題による変奏曲
J.ジョンゲン:ワロン地方のクリスマス・キャロルによる2つのパラフレーズ op.114

  • フルートアンサンブル・トリプティーク
    Flute Ensemble Triptyque

    “3枚で一組になる絵画”を意味するTriptyqueのように3人の個性で一体となって描く音楽を目指して2004年に結成。フルート三重奏のためのオリジナル作品はもとより、メンバーの渡邉加奈や作曲家 堀内貴晃氏、伊左治直氏による編曲作品を主なレパートリーとするほか、白尾彰氏、白尾隆氏ら著名なフルート奏者をゲストに迎えての四重奏も積極的に行う。全国各地で開催する公演は、フルート三重奏の枠組みにとらわれない多彩なプログラミングと緻密なアンサンブルによって高い評価を得ている。
    これまでに「Triptyque ~フルートトリオ・コレクション~」(2013年)、「Amazing Grace ~フルート・クリスマス・コレクション~」(2018年)の2枚のCDアルバムをリリース。3人のために書き下ろされた編曲作品の一部は「フルートアンサンブル・トリプティーク オリジナル編曲シリーズ」として楽譜が出版され、有名楽器店で販売されている。
    日本フルートコンヴェンション2007 TOKYOアンサンブル部門第1位(金賞)受賞。 http://tripflute.net/

  • 樋口貴子
    Takako Higuchi

    武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科卒業、桐朋学園大学音楽学部研究科修了。2004年から 2008年まで静岡県立沼津西高等学校芸術科フルート非常勤講師を務める。その後渡独し、ドイツ国立マインツ音楽大学修士課程を最優秀の成績で修了。在独中、ドイツ国立トリアー歌劇場、マインツ歌劇場にて期間契約団員を務め、ドイツ国内公演や国営放送収録などに参加。現在、オーケストラ、室内楽、ソロなどの演奏活動を行うほか、後進の指導も積極的に行っている。これまでにフルートを仲戸川智隆、白尾隆、白尾彰、Dejan Gavric、ピッコロをEleonore Ciupka、Eva Abelsの各氏に師事。第15回びわ湖国際フルートコンクール入選、ならびにオーディエンス賞を受賞、日本フルートコンヴェンション2015 ふじのくに静岡コンクール ピッコロ部門入選。

  • 渡邉加奈
    Kana Watanabe

    桐朋学園大学短期大学部、同専攻科修了後、渡仏。パリ・ポール・デュカス音楽院をフルート、室内楽共に1等賞で卒業。 レ・スプレンデル音楽コンクール入選、パリUFAM国際コンクール審査員満場一致の1等賞を受賞、フルートコンベンション2013 in 高松 コンクール アンサンブル部門にて金賞を受賞。これまでにフルートを阿部博光、白尾彰、白尾隆、カトリーヌ・カンタン、室内楽を小泉浩、中川昌巳、白尾偕子、ジャン・ルイ・カペツァリ、ジャン・ピエール・サブレ、作曲を坂本日菜、岩田学の各氏に師事。現在、室内楽、吹奏楽、オーケストラなどで演奏活動を行うほか、作曲、編曲活動にも力を注いでいる。アンサンブル・ジーク、ピッコラードトリオ、各メンバー。

  • 鈴木舞
    Mai Suzuki

    日本大学藝術学部音楽学科弦管打楽器コースを首席で卒業。同時に優等賞、藝術学部長賞を受賞。同大学院芸術学研究科博士前期課程修了。 2011年、日本フルート協会の会報にフルートにおけるフレンチスクールの変遷を扱った論文が1年間連載された。2014年、アルソ出版より発売されたCD 付き曲集「ハープと織りなす LOUNGE MUSICON FLUTE」では楽譜監修と模範演奏を担当。これまでにフルートを橋本郁夫、白尾彰、室内楽を藤田乙比古の各氏に師事。現在、オーケストラ、室内楽、定期的なソロリサイタル開催など多彩な演奏活動を展開する傍ら、特別支援学級における音楽教育にも携わっている。フルート、ファゴット、クラシックギターによる室内楽グループ「TriOrganic」メンバー。

  • ■ゲスト■白尾隆
    Takashi Shirao

    1953年、東京生まれ。桐朋学園大学を経て、ドイツ・フライブルク国立音楽大学に留学。1978年「特別優秀賞」を得て卒業後、チューリッヒ音楽院にて研鑽を積む。フルートを林りり子、森正、オーレル・ニコレ、アンドレ・ジョネの各氏に師事。
    1980年、オーストリア「インスブルック交響楽団」首席フルート奏者に就任。1986年帰国後、「サイトウ・キネン・オーケストラ」国内外の公演に参加。1988年より「ドイツ・バッハ・ゾリステン」毎回の日本公演に於いてソリスト、メンバーとして共演。また「安田弦楽四重奏団」と永年にわたり共演を重ねる。
    現在、ソロ、室内楽奏者として、また「アンサンブル・アルス・ノーヴァ」をはじめとするいくつかの演奏団体において、バッハの音楽等のソロ奏者を務める。
    武蔵野音楽大学、桐朋学園芸術短期大学、各講師。

ヤマノフルートフェスティバル2019のページはこちら>>>

お問い合わせ CONTACT