イベント EVENT

EVENT

ピアニスト 宮谷理香による『ショパン演奏の秘訣』~脈動の舞曲 ポロネーズ、マズルカ、ワルツ編~

プロフィール
宮谷理香(ピアノ)  Rika Miyatani, Piano
桐朋学園大学卒業、同研究科修了。1995年第13回ショパン国際ピアノコンクール第5位入賞。翌96年サントリーホール(東京)他各地でデビュー。第23回日本ショパン協会賞、平成27年度石川県文化奨励賞、他受賞。松岡貞子、A.ヤシンスキ、P.パレチニ、H. C.=ステファンスカ、園田高弘の各氏に師事。2005年、2010年日本ショパン協会主催ショパンコンクール審査員。2010年リサイタル企画「宮谷理香と廻るショパンの旅(2001-2010)」が大きな反響を呼んだ。現在ソロリサイタルの他、レクチャーコンサート、室内楽、学校訪問公演など幅広い音楽活動を展開、音楽劇やテレビ出演、講演、執筆までマルチにこなす。録音の評価も極めて高い。曲種を鮮やかに生かす第一級のピアニズムと冴え渡る音楽性、心に迫る演奏が熱い支持を集めている。
桐朋学園芸術短期大学非常勤講師。
HP http://www.miyatani.jp/rika/

日時'18/06/25(月)~'18/06/25(月)

開場10:00 / 開演10:30

【会場】仙台店8Fイベントスペース

有料

一般¥3,500(税込) ピティナ・ヤマノミュージックパートナーシップ会員¥3,000(税込)

ショパン作品でも人気のあるポロネーズ、マズルカ、ワルツ。
でも、うまく音楽表現ができないとお悩みではありませんか?

ショパン国際ピアノコンクール第5位入賞のピアニスト宮谷理香さんが、
直伝の演奏法など、ショパン演奏の秘訣とコツを伝授します。

・ポロネーズ、マズルカ、ワルツ、それぞれの舞曲の特徴とは?
・ショパン独特のテクニック攻略法
・難しさ克服の練習アイデア
・ショパンらしさを伝える奏法とは?  

取り上げる予定曲目
ショパン作曲
♦ポロネーズ ・遺作ト短調(7歳の時の作品) ・第6番 作品53 『英雄』
♦マズルカ   ・作品7-1 ・作品24-2 ・作品59-1
♦ワルツ    ・第6番 作品64-1『子犬のワルツ』 ・第7番 作品64-2 
※曲目は変更になる場合がございます。
※当日、CDの即売会・サイン会も行います。
※サイン会はCDをお買上げいただいた方のみのご参加となります。

お問い合わせ CONTACT