イベント EVENT

EVENT

ARTWAY DUO ヴァイオリンとピアノによるコンサート 「ARIAな午後」 ~ヨーロッパの風を感じて~

-ARTWAY DUO-
2005年よりスロバキア出身のヴァイオリニスト、タタル・ヘンリとピアニスト木下順子の夫婦デュオとして仙台・東京・横浜・スロバキアなどで活動を開始。バロックから近現代までの作品のほか、東欧の作品、ジプシー音楽には定評がある。またスロバキアでも音楽祭のオープニングコンサートに招かれ、ソリストとして何度かスロバキア室内管弦楽団やジリナ室内管弦楽団とも共演し(ダネル指揮・スワロフスキー指揮・ドホナーニ指揮など)満場のスタンディングオベーションをもらい、その様子は新聞紙上やTVニュースでも流れた。また2012年スロバキア大統領初来日の際は、大統領夫妻と共に石巻の小学校を訪問し、東京ホテルニューオータニでも御前演奏を行い、その歴史の一頁を飾った。
ホームページ www.artway.jp

日時'18/05/03(木)~'18/05/03(木)

開場13:15 開演14:00 ※開場時間前は8Fへのご入場はできません。ご了承ください。

【会場】仙台店 8Fイベントスペース

有料

¥2,000 (税込) (全席自由・定員80名)

【出演】
タタル・ヘンリ(ヴァイオリン) 木下順子(ピアノ)
 
~プログラム~
サラサーテ      「カルメンファンタジー」より
クライスラー      美しきローズマリー
ドヴォルザーク     母に教え給いし歌
ドビュッシー      月の光
アイルランド民謡       ロンドンデリーの歌  
スロバキア民謡        もし私が鳥だったら  他
 
※曲目・曲順は変更になる場合がございます。あらかじめご了承ください。
 
仙台フィルハーモニー管弦楽団でもご活躍中のヴァイオリニスト、タタル・ヘンリさんとピアニスト木下順子さんの夫婦デュオによるコンサート。ヨーロッパの街並みがふと思い浮かぶような、温かく心に響く音楽をお楽しみください。
 
☆当日会場にてARTWAY DUOのCDを販売いたします。
ご購入いただいたお客さまは終演後のサイン会にご参加いただけます。

 
 
【チケットのご購入方法】
お電話でのご予約も承っております。
当日または前日までに仙台店2F弦楽器フロア、レジカウンターにてご精算ください。
※当日のご精算は大変混みあう可能性がございます。事前のご精算をご利用ください。
 
【注意事項】
☆8Fイベントスペースへはエレベーターをご利用ください。
☆チケット1枚につき1名さまご入場いただけます。
☆未就学児のご入場はご遠慮ください。
☆会場内での録音・録画・撮影・飲食・喫煙は固くお断りいたします。
☆車椅子でお越しのお客さまは、事前にお問い合わせください。
 
【お問い合わせ】

銀座山野楽器 仙台店 2F弦楽器フロア TEL:022-797-1028

  • タタル・ヘンリ(TATAR HENRICH)
    スロバキア出身。スロバキアコンセルヴァトリー・コンクール入賞。スロバキア音楽アカデミー、ポーランドのヨーロピアン・モーツァルトアカデミー、またスイスのチューリッヒ・ヴィンタートゥア音楽大学卒業。ハンガリー人の名ヴァイオリニスト、ジョージ・パウク氏に師事。フランス、メニューイン財団オーケストラのコンサートマスターを務め、ヨーロピアン・ユニオン・ユースオーケストラのヨーロッパツアー(ロンドン・BBCプロムスなど)、ジュネス・ムジカル・ワールド・オーケストラのカナダ・ヨーロッパツアー(ベルリンフィルハーモニーホールなど)に参加する。
     現在、仙台フィルハーモニー管弦楽団ヴァイオリン奏者として活動するかたわら、夫婦デュオとして国内外で独自のプロジェクトを数多く手がける。ラジオや新聞でも取り上げられ、これまでに東京、横浜、仙台、スロバキア、シンガポールなどでデュオリサイタル、またスロバキア室内管弦楽団やスロバックシンフォニエッタなどソリストとも協演し、好評を得ている。スロバキアと日本の懸け橋になるべく演奏活動を展開している。

  • 木下順子(JUNKO KINOSHITA)
    東京藝術大学音楽学部を経て同大学院修士課程修了。その後チューリヒ音楽大学大学院ソリストディプロマ取得。
    8歳でアメリカ・メリーランド州ユースオーケストラとモーツァルトのピアノ協奏曲を共演したのを始め、藝大在学中ソリストに選ばれ、藝大シンフォニーオーケストラや、シベリウスアカデミーオーケストラなどと共演。
    宝塚ベガ音楽コンクール第3位、川崎音楽賞コンクール第2位入賞。新人オーディション最優秀賞などを受賞。
    文化庁派遣事業として、作曲家の服部公一氏と共にアメリカ各州を演奏旅行、またスイス、日本、アメリカ、ドイツなどでもソロ、室内楽などの演奏会を開催した。
    現在は仙台フィルハーモニー管弦楽団のヴァイオリン奏者タタル・ヘンリと夫婦デュオとしての活動を積極的に行い、 また室内楽や管楽器・弦楽器・歌曲などの伴奏者としても活動を広げている。
    これまでに田沢恵巳子、鈴木敬子、植田克己、クラウス・シルデ、ギッティ・ピルナーの各氏に師事する。

  • 1st アルバム『‐ROMANZA‐(ロマンツァ)』
    ARTWAY DUOによるクラシック名曲ヴァイオリン小品集の決定盤!愛の挨拶、アヴェ・マリア、亜麻色の髪の乙女、熊ん蜂の飛行、ユーモレスク、ハンガリー舞曲第5番など、耳なじみのある有名な曲を収録。

  • ニューアルバム『‐ARIA‐(アリア)』
    1STアルバムより3年の時を経て完成した待望のニューアルバム!G線上のアリア、剣の舞、サマータイム、リベルタンゴなど、時代や国の異なる色とりどりの曲を収録した他、日本映画「男はつらいよ」のテーマ曲をボーナストラックに入れた異色のCDアルバム。

お問い合わせ CONTACT