• 山野楽器オリジナルCD
  • 厳選CDベストアルバム
  • ザ・定盤
  • 復刻CD通販 MEG-CD
  • ウクレレスタイル
  • HIS MASTERS VOICE ニッパーグッズ

  • 違法コピー撲滅!

このサイトは、サイバートラストのサーバ証明書により実在性が認証されています。また、SSLページは通信が暗号化されプライバシーが守られています。

アジアのハッピーを結ぶフリーマガジン「Jier」のハッピーレポ!

「Jier」のハッピーレポ!

第10回 LENインタビュー

2018/03/12
イメージ

韓国や台湾などアジアの旬の情報(音楽、映画、食、美容など)を発信するフリーマガジン「Jier(ジエル)」編集長が、楽しいレポートをお届けします。
昨年6月の第4回コラムでインタビューした、韓国のピアノマン・LENが、昨年12月に『Memory I』、今年1月に『MemoryII』と2枚のアルバムを2か月連続でリリース。現在全国4か所で開催の「Memoryツアー」とプロモーションの真っ最中のLENに、アルバムについてじっくりとインタビューしました。
今回はJier vol.11との連動企画。コラムでは『Memory I』についてのインタビューを中心に掲載します!

僕にとって音楽=メモリー
今まで感じた大切な思いをアルバムにしました

---2ヵ月連続でリリースした『Memory』はどんなアルバムですか?

LEN:『Memory』という今回のアルバムは、今までライブで歌った日本のヒットソング、自分が好きな日本の曲のなかで皆さんに伝えたい曲を選んで作ったアルバムです。『Memory』というタイトルは、今まで音楽を聴いたり、音楽活動をしてきたので、僕にとっては音楽=Memoryです。誰にも思い出はあると思いますけれど、僕が自分で初めてCDを買った瞬間とか、お父さんの車のなかで初めてロックを聴いた瞬間とか、その瞬間瞬間の音楽が僕には特別な意味があるので、それが僕の大切な思い出、メモリーだと思ったんです。最近、音楽が思い出じゃなくて、何MBのメモリのファイルという、パソコンの中のデータファイルになったことがあるんじゃないでしょうか。すぐ聴いて、すぐ消して、すぐに忘れて。そういうものになったことが本当に寂しいと思います。僕が日本に来たときから、ファンの皆さんやいろんな方から、さだまさしさんの『秋桜』という曲をはじめ、いい曲を教えていただきました。それがすごく勉強になったんです。自分が今まで感じたその大切な思いを、反対に皆さんに伝えたいという思いで『Memory』を作りました。

---2枚のアルバムがありますが、『Memory I』はどんなアルバムですか?

LEN:去年の年末に発売したアルバムで、ピアノマンのバラード的は切ない曲もあり、本当に思い出をイメージして作りました。

---では、『Memory I』を1曲ずつ解説していただけますか。1曲目はタイトルになっている「Memory」ですね。

LEN:この曲にはモチーフになった曲があります。そのCDはビートルズのジョン・レノンさんのソロCD、そのなかに「LOVE」という曲があります。その初めて聴いた“愛”という曲から、自分が考える“愛”ということ、“Memory”ということから曲を作りました。

---Iではピアノだけですね。

LEN:最初は演奏曲として作りました。モチーフを作ったとき、もっと自分の考えを皆さんに伝えたいと思って、歌詞を作ろうかと。後で歌詞を作ったんです。

---2曲目は「卒業写真」。

LEN:荒井由実さんの曲は好きな曲が多いです、「ひこうき雲」とか。この「卒業写真」という曲は僕もそうだし、ファンの皆さんも学生時代のいろんな思い出があるじゃないですか。学生のときの思い出はずっと覚えている記憶だから、アルバムと合う曲だと思って選びました。

---1974年の曲。LENさんが生まれる前ですよね?

LEN:生まれる前ですね(笑)。

---次もLENさんが好きな山下達郎さんの曲ですね。

LEN:好きですね。これはメッセージが入った曲です。「FOREVER MINE」というタイトル通り、自分が永遠に持って生きたいという気持ちが曲の中にあります。山下達郎さんの曲の中で一番好きな曲です。ピアノソロの曲で僕がアマチュアのときから歌っていた曲です。皆さんにこの曲だけは絶対に伝えたいと思って選びました。

---LENさんの思い出がたくさんある曲なんですね。

LEN:そうですね。バイトのときに歌って…(笑)。

---次も名曲ですね。小田和正さん。

LEN:小田和正さんの曲を初めて聴いたときは、アメリカのポップスみたいな感じがあって、オシャレな感じ。また、声が高くてきれいな声だから、すごくスタイリッシュな曲だと思いました。この「さよなら」という曲は冬の雰囲気とすごく合う曲。この曲は僕がアレンジしたんですけど、僕が考える“さよなら”という言葉、本当にさよならじゃなくて、また会いましょうというということを皆さんに伝えたい、そういう意味で選びました。

---さて、5曲目はLENさんが作った「Kiss the rain」。

LEN: 「Kiss the rain」のコンセプトは、最近僕がループステーションという機材を使ってイベントもライブもやるんですが、そのループステーションをちゃんと使うために作った曲。ループステーションは同じコードを何度もループ(再生)して歌う特徴があります。そのために同じコードだけれど違うメロディを作りました。

---聴いていて心地いいですね。

LEN: 「Kiss the rain」は雨のなかでキスする恋人というドラマのシーンを想像しながら、「あっ、これ、いい感じだ」と思って作った曲です。

---そして、最後は「その男」ですね!

LEN:ハイ、これは僕もずっと待っていた曲ですね。今まで、韓国でもアルバムに入れることができなかったんです。僕にとって本当に大切で、意味がある『その男』は、必ずアルバムに入れて皆さんに伝えたいと思いました。それが今回できて、本当に嬉しいです。

---この曲こそ、LENさんのメモリーですね?

LEN:全体的に自分にもメモリーがある曲、皆さんにもメモリーがある曲。「LENが歌う私の思い出の曲はどうか?」というコンセプトを考えて、皆さんの心に残る思い出の曲をLENが歌うとどんな感じになるのかと、作ったアルバムです。

Photo

---さて、2017年から日本の活動を本格的にスタートしました。去年1年間でLENさんの一番のMemoryは?

LEN:以前は東京中心にライブをやってきましたが、去年はいろいろなところでイベントをやりました。いろんな場所でいろんな方に会えて、初めて観た方から「ありがとうございます」とか「感動しました」、「初めてこういうイベントでCDを買いました」とか、そういう話を聞いたときに、自分の音楽で人に幸せとか感動を伝えることができるアーティストにずっとなりたかったので、今はまだまだだと思うんですけれど、少しだけでもそれができたということで、これからもっと多くの人に自分の音楽を伝えたいと思いました。

---今年の冬はすごく寒かったですし、LENさんは屋外で弾き語りをすることも多いのですが、寒さ対策はどうしていますか?

LEN:僕はすごく寒がりなんです。寒いときは本当に身体がブルブルしてます。歌を歌うときは力が入るから大変ですけど、今日は頑張りました!

山野楽器でのイベント後に行ったインタビューは、まだまだ続きます。撮り下ろし写真もたっぷりのインタビュー完全版はJier vol.11でご覧ください!!

(TEXT:FUMIYO KAZAMA/PHOTO:AARU TAKAHASHI)




■LEN
2009年10月「悲しみの中で君を忘れなければならない(カバー曲:イヒョンウ)」で韓国デビュー。同年、ミュージカル「クラブ五光」公演にて主人公役で出演。2010年に韓国SBSドラマ「シークレットガーデン」の挿入曲「その男」を担当し、注目される。その勢いのまま、韓国KBS-TV「私の人生最後のオーディション」に出演し、「優勝」を勝ち取った。
2017年1月日本1stミニアルバム『Love&Connection』、6月には日本1stシングル「壮思奏愛」、そして12月と今年1月に『Memory I』『MemoryII』を2か月連続でリリースし、全国4か所でのライブ「Memoryツアー」を開催。

●「LENニューアルバム『Memory I』&『「MemoryII』連続リリース記念イベント」
日時: 3月17日(土) 1部 13:00/2部 15:00
会場:柏モディ店頭
内容:ミニライブ&特典会

日時: 3月18日(日) 1部 13:00/2部 15:00
会場:伊勢丹松戸店 プラザ広場
内容:ミニライブ&特典会

●「Memory」スペシャルコンサート
日時:2018年3月21日(水/祝)
会場:銀座 ヤマハホール
開演:14:00 (開場13:30)
料金:前売¥6,500(税込) 当日¥7,000(税込)/指定席
※チケット
https://len-store.com/2017/12/26/ginzayamahahall/

◎LEN OFFICIAL WETSITE  len-official.com

■Jier(ジエル)
公式Twiter @JierMag
『LENの撮り下ろし&インタビュー』掲載のVol.11は3月下旬発行予定。
表紙&特集はCODE-V。
銀座山野楽器 銀座本店、小田急新宿店、西武池袋店、そごう横浜店、辻堂店、ラスカ平塚店、たまプラーザテラス店、イオンモール北戸田店、丸広川越店、そごう千葉店、イオンモール鶴見緑地店、仙台店で配布。

第9回 コラム >>


TOPへ
  • 特典一覧

    おすすめ特集

  • NHKドラマ
  • シンプルBOX

    コラム

  • CODE-VのSTARLIGHT!
  • ずっと、もっと、Mnet!〜韓国エンタメの舞台裏から〜
  • アジアのハッピーを結ぶフリーマガジン「Jier」のハッピーレポ!

    銀座本店 アルバムランキング

1SHINee THE BEST FROM NOW ON(ブルーレイ)
SHINee
2SHINee THE BEST FROM NOW ON(DVD)
SHINee
3FACE YOURSELF
BTS (防弾少年団)
4VOL.8:NEW CHAPTER #1 CHANCE OF LOVE
TVXQ!(東方神起)
5WHAT IS LOVE?
TWICE
(4/16〜4/22 本店調べ)

    銀座本店 DVDランキング

1オクニョ 運命の女 DVD-BOX4
2東方神起/LIVE TOUR 2017〜Begin Again〜
3MASTER マスター DVD スペシャルBOX
4Wanna One/Wanna One Go
5ピノキオ スペシャルプライスBOX1
(4/16〜4/22 本店調べ)