鍵盤を押さえて息を吹き込むだけで音が鳴る、
はじめての方にもやさしい楽器『鍵盤ハーモ二力』は、
近年大人が楽しむ楽器として『ケンハモ』の愛称で親しまれています。
息を吹き込み「呼吸」を使って音楽表現を楽しみながら、
健康増進につながる研究が話題になっています。
楽譜が読めなくてもOK。
難しい音楽知識も不要です。
話題の『ケンハモ』健康法で、新たな楽しみを見つけませんか。

はるはな

講師プロフィール

岩倉さと子

SUZUKIケンハモ認定講師
ケンハモ音楽呼吸法トレーナー

4歳よりクラシックピアノ、その後ジャズピアノ、ポピュラーピアノを始め、2007年より鍵盤ハーモ二力を始める。現在では主に劇伴作曲家兼演奏家(芝居、朗読などの音楽の作曲と演奏)として鍵盤ハーモニカー本での劇伴を可能とし、注目されている。2013年7月に鍵盤ハーモニカデュオkesacoを結成。シャンソン、ボサノヴァ、童謡、ビートルズ、ピアソラまで幅広いレパートリーを持ち、パーカッションを身に着け鍵盤ハーモニカを演奏するという他に例をみないスタイルで活動中。

山野いきいき健康塾
山野いきいき健康塾

私がおすすめします!

宮浦清

合同会社 音楽呼吸総研代表
音楽呼吸法草案者、作曲家、サキソフォニスト

呼吸力の向上を音楽の力で実現した音楽呼吸法の最新プログラムがケンハモ音楽呼吸法です。息で音を出すケンハモは、心と身体のバランスをとる脳内ホルモン「セロトニン」の活性化を促す呼吸練習には最適な楽器。そして楽譜を使わないメロディグラフにより誰でもケンハモ演奏を楽しめる、お薦めの新しい健康法です。


お申し込み

開催中止のご案内


詳しくはこちら