店舗情報


YoshihiroTsujimoto Clarinet Solo Live at 銀座山野楽器本店

イヴェント出演者

【日 時】2017年2月21日(火) 
         18:00開場/18:30開演

【会 場】銀座山野楽器 本店7F
         イベントスペースJamSpot

【入場料】一般¥3,000(税込)
     学生¥1,500
(税込) ※学生証の提示が必要です。                       
<要予約・全席指定>
チケット販売開始日:2017年2月1日(水) 10:30〜
チケットお取り扱い/ご予約お問合せ
Tel:03-5250-1062 
5F管楽器フロア

〜クラリネットの美しい音色と最高の夜をお届けします〜

辻本美博さんはソロやバンドでの演奏活動のほか、雑誌「ザ・クラリネット」に連載を持つなど各方面で活躍されている、山野楽器一押し大注目のアーティストです。
そしてこの度、辻本美博さんのクラリネットコンサートを開催する事が決定いたしました!
辻本さんにかかれば、しっとり感動的なクラシック演奏も、ノリノリのポップス演奏も、めちゃくちゃにカッコいいジャズ演奏もすべてクラリネット1本で表現してしまうことができます。
まさに、クラリネットでできるすべてのことを表現できる、スーパークラリネットプレイヤーなのです!!
今回のコンサートにお越しいただき、辻本さんの演奏を身近に感じていただければ、今まで気付かなかった新しいクラリネットの演奏スタイルの発見をすることができます。
みなさまのご来場をお待ちしております。


■クラリネット 辻本美博 プロフィール

奈良県奈良市出身2月14日生まれ。中学、高校時代は吹奏楽部に所属し、クラリネットを演奏。
高校時代は全日本吹奏楽コンクールに2度出場し、いずれも金賞を受賞。その間クラリネットソロにおいても数々の賞を受賞しクラリネットソロ演奏活動を始める。
大学進学後はALS JAZZ ORCHESTRAにてアルトサックスと出会い、サックスプレイヤーとしても活動を開始。
同ビッグバンドにて、全国大会である山野ビッグバンドジャズコンテストにおいて上位入賞。
現在はエンタメジャズバンド『カルメラ』のサックスプレイヤーとして、ワーナーミュージック・ジャパンから2枚のアルバムをリリース。
『SUMMER SONIC』をはじめ野外フェスへの出演、大阪・なんばHatchで開催したワンマンライブでは1200人を超える動員を記録するなど精力的に活動している。そしてライブのキラーチューンである『犬、逃げた。-ver. 2.0-』がSONY『h.ear ×WALKMAN(R)』(ソニーマーケティング株式会社)のテレビCMソングに起用され話題に。2016年3月にはBLUE NOTE TOKYOでのワンマンライブも成功をおさめた。
また、辻本美博としては、2014年に奈良県天理市から天理市を代表するミュージシャンとして委嘱を受け『天理市PR大使』に就任し、2015年9月には自身初となるクラリネットソロリサイタルを天理市文化ホールにて行い盛況のうちに成功をおさめた。
そして、2016年7月には世界的木管楽器メーカー ビュッフェ・クランポン・ジャパンからの委嘱を受け『ビュッフェ・クランポン・ジャパン公認アドヴァイザー』に就任。同月には自身初となるMotion Blue YOKOHAMAでのソロ公演も成功におさめた。 (原文のまま)

【辻本美博クラリネットソロの主な受賞歴等】

・第6回管楽器ソロコンテスト奈良県大会 グランプリ受賞(2003)
・第7回管打楽器ソロコンテスト関西大会 ヤマハ賞受賞(2003)
・第14回奈良県高等学校管楽器独奏コンクール木管の部 グランプリ受賞(2003)
・YAMAHA管カラフェスタ2006全国大会 演奏グランプリ、オーディエンス賞受賞(2006)
・管カラフェスタ2007大阪大会 特別賞受賞(2007)
・管カラフェスタファイナル全国大会 審査員賞、オーディエンス賞受賞(2008)
・NHK BS『みんなの吹奏楽スペシャルバンド2008』出演(2008)
・なら100年会館大ホールにてクラリネットソロ演奏(奈良県年金受給者の集い、2009)
・奈良名勝大乗院文化館にてクラリネットソロ演奏(2010)
・奈良県天理市からの委嘱を受け『天理市PR大使』に就任(2014)
・天理市文化ホールにてクラリネットソロリサイタルを開催(2015)
・ビュッフェ・クランポン・ジャパン公認アドヴァイザーに就任(2016)
・Yoshihiro Tsujimoto Clarinet Solo Live at Motion Blue YOKOHAMAを開催(2016)
・クラリネット専門誌アルソ出版『The Clarinet』にて連載開始(2016)
【主なサポート、レコーディング、共演歴】(順不同・敬称)
    SOIL&”PIMP”SESSIONS、吉俣良、サーカス、SOFFet、モノブライト、 THEイナズマ戦隊、Negicco、dorlis、きいやま商店、鶴、          YANAKIKU、大西ユカリ、牧野竜太郎、樽木栄一郎                                                                                                             【使用楽器:Buffet Crampon R-13】 (原文のまま)


■ビブラフォン・マリンバ・パーカッション 宅間善之 プロフィール

幼少の頃よりマリンバ奏者である父・宅間久善の影響を受け、マリンバを始める。
高校在学中よりジャズに興味を持ち、マリンバと並行してビブラフォンを始め、ジャズ理論を村井秀清に師事。 高校卒業後、アメリカのバークリー音楽院に留学。ビブラフォンを デイブ サミュエル、エドセインドン、 ビクター メンドーサ、マリンバを三村奈々恵に師事。
在学中に多数のコンサート、ライブ、レコーディングセッションをこなし、上原ひろみ、元晴(Soil & Pinp Sessions)等と共演。
2002年、Most Active Mallet Players Awardを受賞。 2003年、同大学を卒業。  帰国後はライブハウスや有名ホテルでのブライダル、パーティー、ラウンジ演奏などで活動する傍ら、スタジオミュージシャンとして氷川きよし、Rag Fair、クミコ、quasimode、手塚治虫アニメで冨田勲氏の作編曲によるレコーディングや、アーティストのライブサポート、実父である宅間久善のレコーディングとコンサートツアーにも参加し、楽曲提供も行っている。  2007年にはジャズの老舗ライブハウス『スイートベイジル STB139』への出演や、『瀬戸内寂聴訳「源氏物語」より詞劇 艶は匂へど・・・』に音楽担当として参加、好評を博す。これを機に実弟政彰と『MALLET×PIT』を結成、2枚のアルバムをリリース。  近年は自己のグループ「Vibrasonic」で作編曲も担当し、首都圏有名ライブハウスで活躍中。
2013年10月には初のリーダー作として、ファーストアルバム『diario ~ディアーリオ~』を、2014年8月にはLIVE LAB.から「宅間善之 Vibrasonic」のライブDVDを発売中。  ジャズ、フュージョンを中心にラテン音楽、クラブミュージック、演歌、ヒーリングミュージックなどジャンルを問わずに精力的に活動している数少ないマレット&パーカッション奏者である。

●主な共演者(敬称略)● 菅原洋一、宗次郎、デビッド・マシューズ、渡辺えり、早見優、鈴木トオル、北村英治、前田憲男、寺井尚子、小沼ようすけ、川口雷ニ、高橋ゲタ夫、大坂昌彦、TOKU、秋満義孝、松下誠、元晴・タブゾンビ・秋田ゴールドマン(soil & pimp sessions)、Cro-magnonなど。 (原文のまま)


■ピアノ 木村音登 プロフィール

1989年9月21日生まれ
2010年4月大阪音楽大学短期大学部jazz科卒業
JAZZトランペッター日野皓正氏、ピア二ストの石井彰氏に師事。
2009年淀川花火大会のゲスト出演、NHK出演。
2010年「ミュージシャングランプリ2010」でファイナリスト。
当時から作詞、作曲、編曲を担当してオリジナルCDも発売。
特定非営利活動法人アトリエコーナスのテーマソング「アトリエコーナス」を制作、楽曲提供。
2012年USJ(ユニバーサル スタジオ ジャパン)カウントダウンライブ「Off Beat Alarm」に出演。
NYゴスペルアーティストのダニーイーソン氏やステイシーペンソン氏と共演。
ゴスペルワークショップジャパンツアーに参加。
近年では自身のグループNeighbors Complain(ネイバーズコンプレイン)としてJAY'EDやゴスペラーズと共演。 (原文のまま)



↑このページのTOPへ

管楽器に関するお問い合わせ先

銀座本店5F管楽器フロア

TEL : 03-5250-1062(直通) | 営業時間 10:30-20:00 ※火曜、水曜 10:30-20:30

お問い合わせフォームはこちら

※ 表示価格はすべて税込価格です。

  • ヤマノミュージックポイントカード
  • 免税案内 Tax-free
  • 音レント
山野楽器 SNS
ソーシャルメディア一覧
SNS_twitter
SNS_facebook山野楽器
SNS_facebook銀座本店
Instagram
line@
YouTube