社会人ヤマノ・ビッグバンド・ジャズ・フェスティバル 2017

近藤和彦 (サックス)
photo
プロフィール

1964年山梨県甲府市出身。中学のブラスバンドでサックスを始め、1986年大学時ヤマノビッグバンドジャズコンテストにて最優秀ソリスト賞を受賞。在学中よりプロ活動を始め、宮間利之とニューハード、松岡直也、渡辺貞夫、高橋達也、菊池ひみこ、向井滋春、オルケスタ・デル・ソルなどのグループに参加。熱帯JAZZ楽団では19年間リードアルトを務め2014年退団。
現在、自己のグループの他、小曽根真No Name Horses、Blue Note Tokyo All Star Jazz Orchestra、エリック・ミヤシロEM Band、守屋純子オーケストラおよびセクステット、マーク・トゥーリアンMT6、三木俊雄FPOなど多数のレギュラーグループ、セッションで国内外を問わず演奏するほか、スタジオミュージシャンとしてポップス、TV、CM、映画など数多くのレコーディングに参加。ジャンルにとらわれない幅広い活動をしている。
サックスをPhil Woods、Dick Oattsに師事。
2009年全曲オリジナルによるリーダーアルバム『SUBSTANCE』を小曽根真プロデュースのもと55Recordsよりリリース。
WEBサイト http://www.kazuhikokondo.com/


中川英二郎 (トロンボーン)
photo
プロフィール

5歳でトロンボーンを始め、高校在学中に初リーダー作をニューヨークで録音。
名だたるビック・アーティストとの共演を始め、映画、CM、TVなど多くの録音でも知られる。
2007年、日本人として初めて米「トニー賞」授賞式に出演し2008年にはNHK連続テレビ小説『瞳』のメインテーマを演奏。
国内主要オーケストラとも共演するなど、多彩な才能を発揮し、日本を代表する世界的トロンボーン奏者として幅広い活動を行っている。
中川英二郎オフィシャルWEBサイト http://www.eijiro.net/